【社会人必見】効率よく情報収集できるニュースアプリおすすめ7選

Reading newspaper on desk

最新の情報や業界の動向を詳しく知っているビジネスマンは、クライアントや上司からすれば、頼りになる存在です。

しかし、そんなことわかっていると思いながらも、ニュースや新聞を見る時間もないのではないでしょうか。もしそうなら、周りから信頼を得るチャンスを失っています。

そこで、今回は通勤時間や休憩などの隙間時間に見られるニュースアプリをご紹介します。最新の情報を持つことで、周りからの評価を高めましょう。

おすすめのニュースアプリ

NewsPicks

image1

ニュースピックスは経済情報に特化したニュースアプリです。2013年にサービスが始まり、現在200万人以上の会員を獲得しました。様々なニュースメディアから記事をピックアップし、テクノロジー、ビジネス、政治・経済、金融・マーケット、キャリア・教育、社会・スポーツ、オリジナルのカテゴリーに選別しています。

本来、テクノロジー関連の記事を読みたければ、日経や東洋経済など一つひとつのメディアに移動しなければいけませんでしたが、NewsPicksは様々な媒体からニュースを収集しているのでワンストップで興味のあるカテゴリーの情報を取得できます。

また、今ホットな話題に合わせて、NewsPicksが特集を組むことがあり、他のメディアでは見られない濃い内容になっています。これは有料会員(月額1,500円)に申し込む必要がありますが、現在3万人以上が登録をしています。

特徴

様々なニュースサイトがありますが、NewsPicksの特徴は、他の人のコメントを見られることです。

他人のコメントを見られるのは、NewsPicksをおすすめする最大の理由です。それぞれの分野の専門家が、独自の視点でコメントを掲載しているので、そのコメントを見るだけでも勉強になります。ニュースを見ても理解できなかったり、自分の意見をまとめられなかったりしますが、専門家のコメントは理解を促してくれます。このコメントを見たいがために、NewsPicksを見る人もいるくらいです。

ダウンロードの仕方

image3

App Store

https://goo.gl/GVqhoq

Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.newspicks&hl=ja

スマートニュース

image2

スマートニュースは、芸能から経済ネタまで幅広くカバーするニュースアプリです。常に情報がアップデートされる中、自分で情報を厳選することはほぼ不可能です。Smart Newsを使えば、日常生活からビジネスに必要な情報まで自分だけの紙面を作ることができます。

特徴

芸能からビジネスまで幅広くカバーしているニュースアプリは多くありますが、スマートニュースの一番の特徴は、様々な媒体から自分が気になるカテゴリーを選び自分だけの紙面を作れる「チャンネルプラス」です。SPA!やマイナビ、毎日新聞、cakes、女性自身、日経、BuzzFeedなど合計100以上にも及ぶ媒体から気になるカテゴリーの記事をピックアップできます。NewsPicksは、あくまでも経済に特化したアプリですが、スマートニュースは芸能や生活情報にも幅を広げているので、使い分けるといいでしょう。

ダウンロード

image5

App Store

https://goo.gl/5Rn1Hs

Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gocro.smartnews.android&hl=ja

antenna

image4

antennaは、政治、お金、生活、経済などのニュースを取り揃えているアプリです。利用者は100万人以上。男女関わらず利用されています。東洋経済オンラインの「休日にバレる仕事も人生も二流の人の末路」やSumaiの「バスタオルをフェイスタオルにするだけで、サイズも負担も4分の1になるって知ってる?」など、仕事術や暮らしの情報の記事が目立ちます。

特徴

antennaは、最新のライフスタイルが記事の中心となっているため、利用者層がこだわりを強く持っている人になります。言い換えれば、情報の感度が高い人たちです。

また、コンテンツが男性向けと女性向けに分かれていることも注目です。経済や女性向けに特化したアプリが多い中、antennaはどちらも利用者として取り込んでいます。女性向けのコンテツの中には、占い、ダイエット、恋愛、アパレル関連の記事が多く見られます。インスタグラムのように画像を大きく使い、タイトルを小さくしていることからも、少しおしゃれな雰囲気を作り出しています。一方男性向けのコンテンツですが、ライフハックや仕事術の記事が並んでいます。男性向けと女性向けでコンテンツを分けられるニュースアプリは、ほとんどありません。

経済情報はありませんが、仕事術や身なりなどは仕事の役に立つ情報は魅力的です。

ダウンロード

image7

App Store

https://goo.gl/d9hsgu

Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.antenna.app&hl=ja

Yahoo!ニュース

image6

Yahoo!ニュースは、Yahoo! Japanが運営するニュースアプリです。何千万人が利用しているメディアですので、クライアントと話を合わせる上でも毎日見ておく必要があるでしょう。掲載されているコンテンツは、ニュース、経済、エンタメ、スポーツ、テクノロジー、海外などジャンルに関わらず掲載されています。アプリには、先読み機能が搭載されており、一度アプリを立ち上げると、情報を一斉に更新。地下でオフラインの状況になったとしても、ニュースを読み続けることができます。

特徴

コンテンツ自体は、ジャンルに関わらず最新のものが掲載されています。アプリの特徴として、地震、災害、防災などの通知や速報機能が搭載されていることです。このアプリを入れておくことで、何か起きた場合にすぐに通知を受けられます。

また、都道府県ニュースを選べることも魅力の一つ。最大2つまでの地域を設定することで、地域のマイナーな情報を受け取ることができます。他のアプリにはできない特別な機能として、特に地方に住んでいる人には便利です。

ダウンロード

image9

App Store

https://goo.gl/ghPk9A

Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.news&hl=ja

Googleニュースと天気

image8

Google ニュースは、Googleが提供しているニュースアプリです。国内、国際、ビジネス、政治、エンタメ、スポーツ、テクノロジーなど様々なジャンルの記事をGoogleがピックアップします。

特徴

このアプリの特徴は、Googleの洗練されたアルゴリズムが利用者に最適なニュースを選んでくれることにあります。ニュースのカスタマイズは他のアプリでもできますが、カテゴリーだけではなく、ニュース提供元を読む頻度を調整できることがポイントです。よく読む、時々読む、たまに読む、ほぼ読まないの4つから選択することで、媒体の量を調整することができます。例えば、毎日新聞を「たまに読む」に設定し、産経ニュースを「よく読む」に設定すれば、産経ニュースのボリュームが増えます。

このように、自分が読みたい媒体を中心に好きなカテゴリーを選択できることがGoogleニュースの特徴です。また、天気情報も追加できますので、このアプリ1つで1日に必要な情報がすべて揃ってしまいます。

ダウンロード

image12

App Store

https://goo.gl/CG3PVL

Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.genie.geniewidget&hl=ja

Line News

image10

Line Newsは、主要ニュースからエンタメまで様々なニュースを読めるキュレーションアプリです。幅広い媒体からニュースをピックアップし、要約して配信しています。

特徴

幅広いジャンルから集めた8本の記事を1日3回にわたって配信しています。アプリを開いて見るのがめんどくさい人もいるかもしれませんが、Lineで連動しているためわざわざニュースアプリを開く必要もなく、Lineを使うようにストレスフリーでその日のニュースを把握することができます。

ダウンロード

image11

App Store

https://itunes.apple.com/jp/app/line-news/id669458941?mt=8

Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.linenews.android&referrer=utm_source%3Daboutlp

Feedly

image13

最新情報常に知ることができる「RSS」がFeedlyです。他のサイトと違うところは、どんなメディアからでも最新の情報を受け取ることができるということです。強豪のホームページや自社のホームページの最新情報も登録しておくだけで通知がきます。毎回リサーチをする必要もなく、情報が更新されたタイミングで情報を受け取れるので、仕事で活用できる便利なニュースプリです。

特徴

どんなサイトの最新情報でも登録しておけば、見れることが何よりもの特徴ですが、使いやすさも抜群です。SNSとの連携、後で読むためのブックマーク、記事の既読マーク、最新の情報をいち早く集め、読み終わるまでのサービスも徹底的に洗練されています。

ダウンロード

image14

App Store

https://itunes.apple.com/jp/app/feedly-get-smarter/id396069556?mt=8

Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.devhd.feedly&hl=ja

おすすめのニュースアプリまとめ

以上、7つのニュースアプリをご紹介しました。気になるニュースアプリはありましたでしょうか?ニュースアプリは、興味のある分野の情報だけ集めてくれるため、とても便利です。どのアプリも特徴がありますので、自分の利用用途によって使いわけるといいでしょう。