簡単!!WEBからアンケートが作成できるツールおすすめまとめ

image1

Web上でのアンケートの重要性を理解できていますか?

近年、アンケートツールが普及し始めたことや、コンテンツマーケティングの高まりを受けて、ホームページ、メール、SNSでアンケートをとる企業が増えています。

ツールを使うことにより、手間のかかったアンケートフォームの作成や顧客データの管理を簡単にし、マーケティングに関わる人が本来の仕事に集中できるようになりました。

その一方あまりにもツールが多すぎるため、どれを使えばいいかわからないという人も多いはず。

そこで、今回はおすすめのアンケートツールを9個ご紹介します。

おすすめのアンケートツール

ミルトーク

ミルトーク
https://service.milltalk.jp/
ミルトークは、マクロミルが開発したユーザーの声やコメントを直接集めることができるアンケートツールです。従来のアンケートツールは、Yes or Noクエスチョンが大半でしたが、ミルトークはユーザーがコメントするため本物の声を聞くことができます。

これを可能にしているのが、「きいてミル」という掲示板サービスです。掲示板に投稿することで、登録しているユーザーが直接コメントします。直接声が聞けるので精度の高いデータを得られますね。

サービスの特徴

従来はアンケート調査というと、調査会社に依頼しておこなうものでした。しかしミルトークは違います。直接ユーザーにアンケートを依頼できるだけではなく、チャット機能を使い話しかけることもできます。この機能があるおかげで、アンケート上では見ることができないユーザーの本音や感情も知ることができます。

導入費用

無料プラン

Questant

Questant
https://questant.jp/

ネットリサーチ国内No1のマクロミルが提供しているアンケートツール。アンケートを集め、作り、管理までをワンストップで利用できるサービスです。年間20,000件を超える調査をおこなっているノウハウを生かし、使いやすさに利用できるサービスとなっています。

サービスの特徴

アンケートを作ってもWebサイトに設置するだけでは、顧客にリーチできません。そこでQuestantはメール、SNS、QRコードなどを使いさらに多くのリーチ方法を用意しています。もちろん集めたデータは簡単にグラフにできるので、マーケティング資料を作る手間を省くこともできます。

導入費用

無料プランあり

Cuenote

Cuenote
https://www.cuenote.jp/

Cuenoteは、メール配信システム、測定効果、アンケートフォームを利用できるクラウド型サービスです。B to CとB to Bどちらにも応用することができます。使いやすさから東急ハンズなどを含めた大手企業などの1,100社に導入されています。

サービスの特徴

クラウド側であるため、不要なソフトウェアのダウンロードは必要ありません。そのためログインするデバイスも選ばず、どの部署からもログインできます。

また、メールマーケティングに必要な機能が中心で、その中にアンケート機能があります。メルマガの購読なども含めてアンケートを考えているのであれば、使いやすいサービスです。

導入費用

15,000円/月

Mr.アンケート

Mr.アンケート
http://www.smaster.jp/Index.aspx

Mr.アンケートは、項目をチェックするだけでアンケートを自動生成してくれる完全無料のサービスです。有料のサービスが多い中完全無料で、しかもアンケート自動生成と画像編集機能がついているのは、魅力的です。

サービスの特徴

とにかく完全無料というところが特徴。あとは、URLをホームページやメール、SNSへ添付すれば誰でも簡単にアンケートを取ることができます。取得したデータは、有料サービスのようにグラフで出てくるわけではありませんが、CSVで自動集計されたデータを確認することができます。非常に簡単にアンケートを取れるサービスなので、アンケートを試してみたいという方におすすめです。

導入費用

無料

CREATIVE SURVEY

CREATIVE SURVEY
https://creativesurvey.com/

クリエイティブサーベイは、アンケートフォームをおしゃれにカスタマイズできるアンケートツールです。とにかくサービ内容が豊富で、CRMと接続、スコアリング、リサーチサポートサービスなど、社内外向けの利用に最適です。

サービスの特徴

アンケートの実施は、項目を選ぶことだけだと思っていませんか?クリエイティブサーベイは、デザイン面にも力をいれており豊富なテンプレートが特徴です。アンケートを取りたい顧客の属性に合わせて、最適なテンプレートを選び回答率をあげましょう。

導入費用

無料プランあり

Survey Monkey

Survey Monkey
https://jp.surveymonkey.com/

サーベイモンキーは、世界で最も使われているアメリカの企業のアンケートツールです。顧客は、トヨタ、PayPal、HUAWEU、HSBCなど業界のトップ企業が名前を連ねています。

サービスの特徴

このサービスは、従業員、イベント参加者、学校関係者などB to C、B to Bどちらにも利用されています。アンケートはソーシャルメディアやメール、ホームページなどに設置ができ、取得したデータはフィルター機能を使い自由自在に整理できます。もちろん、プロフェッショナルなグラフの作成機能もあります。

導入費用

無料プランあり

methinQs

methinQs
http://www.iqnet.co.jp/lp/methinqs/

methinQsは、無料で簡単にアンケートが取れる埋め込み型のアンケートツールです。ホームページ上でアンケーを取りたい人に最適。ウィジェットの導入も手間がかからないので、コーディングの知識があまりない人でも簡単に利用できます。

サービスの特徴

URLの設置と埋め込み型は似て非なるものです。URLの場合、クリックをさせる必要がありますが、埋め込み型の場合はページ上にアンケートがあるため無駄なサイト内行動をさせません。しかもそれが無料で使えるので、埋め込み型を考えている人や、サイト内行動を抑えたいという人にはうってつけです。

導入費用

無料

忍者アンケート

忍者アンケート
http://www.ninja.co.jp/enqueteform/

便利なWebツールを多く開発しているサムライファクトリーのアンケートツール。HTMLやCSSの知識がない人でも、簡単にアンケートフォームのデザインをすることができ、初心者でも安心して利用できます。また、ホームページへの設置もタグを使い簡単にできます。

サービスの特徴

このようなアンケートツールは、デザイン性が高すぎると初心者には使いづらく、デザイン性が低いとサイトのデザインとミスマッチということがおこります。忍者アンケートは、どちらのいいところも採用して、簡単にデザイン性の高いアンケートフォームを使えるようしています。

また、集計したデータを自動で集計してグラフにする機能もありますので、分析にも手間がかかりません。

導入費用

無料

スマートアンサー

スマートアンサー
http://smartanswer.colopl-research.jp/

スマホユーザーに特化したアンケートツール「スマートアンサー」。10〜30代のユーザーが多く、ミレニアム世代をターゲットにしたい場合に効果的です。サービスは、アンケートを作成してスマートアンサーに登録しているユーザーに回答してもらう方式をとっています。つまり、すぐにすぐに回答が集まるということです。

サービスの特徴

アンケート機能の特徴は、自分でリサーチをおこなうプランとスマートアンサーに調査を依頼する2パターンがあります。自分でリサーチをする場合、どのように顧客にリーチするかが難しい反面、費用を抑えることができます。一方、アンケートを丸投げしたい場合にもスマートアンサーが対応してくれるため、その時の忙しやさアンケートの重要度によって使い分けてもいいでしょう。

導入費用

10,000円/100サンプル

まとめ

顧客のフィードバックは、サービスの向上に欠かせない情報の一つです。最近は、アンケートツールが増えてきているため、自社でわざわざコーディングをする必要もなく、簡単にアンケートを取れるようになりました。

これからアンケートを始めたいと思っている方は、ここで紹介した9つのサービスを参考にしてみてください。