ついに来た!医療関連でGoogleが独自アルゴリズム更新を実施

image

 

Googleが日本独自の検索アルゴリズムアップデートを実施しました。検索アップデートに関してはこれまでもペンギン・アップデートやパンダ・アップデートなどの大きな変更がありました。検索アルゴリズムのアップデートは検索精度を上げるために定期的に行っていることではありますが、今回のアップデートは少し事情が違っています。

内容は医療や健康に関するサイトに関するアルゴリズム変更ですが、対象は日本語のGoogle検索エンジンのみとなっています。なぜ日本語での検索に特化して大きなアルゴリズムの変更をしたのかですが、それは、「DeNAのWELQ問題」があったからです。まず、その辺の事情を整理しておきましょう。

DeNAのWELQ問題とは何だったのか

 

過去の記事でも追及していますが

【DeNAキュレーションパクリ炎上】犯した罪は贖えず閉鎖の事情を元ライターが徹底解説

現在は閉鎖されているDeNAのWELQでは、医療、健康関連のコンテンツを多数提供していました。こうした分野の記事をGoogleで検索したことのある人ならご存知の通り、一時は医療・健康関連の記事を検索すると、WELQの記事がほとんど上位を占めていたという時期もありました。

しかし正確な情報を提供するというよりもアクセス数を稼いで広告収入をあげるというビジネスモデルだったために、かなりの記事で医薬品医療機器等法に違反する記事がありました。また、法令違反ではないものの、勝手に他サイトの記事を引用したり、表面上(Googleの検索システム上は)引用とはわからないようにリライトしてまるでオリジナル記事のように見せかけた記事も数え切れないほどありました。

露骨なコピーであればGoogleの検索アルゴリズムでひっかかり、「価値のないサイト」として評価されずに上位には表示されることはなかったのです。しかしWELQではSEOの専門家が、こうしたGoogleの裏をかくようなテクニックで価値の低い記事を上位表示させていたわけです。

こうした事件があったので、今回Googleは日本向けに大規模なアップデートを行ったというわけです。ですので、日本で医療・健康関連のサイトを運営しているサイトはかなりの大きな影響を受けています。

グーグルの公式な発表内容

===========引用===========
医療や健康に関連する検索結果の改善について
2017年12月6日水曜日
Google では、今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。
この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。Google では、医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行きます。
===========引用===========
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html

医療・健康系のサイトを運営している人にとっては「医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。」という部分が特に重要です。

つまり、素人がアクセス数を稼ぐために医療・健康系の記事を量産しても、Google検索からのアクセスは期待できない時代になるということです。弊社の調べでは、すでにアフィリエイトサイトなどでの医療・健康関連の記事がどのサイトでかなり多くの影響が出ています。また、WELQ事件以降、記事に「医療関係者が監修しています」、という表記や医療関係者の写真を載せている記事が増えましたが、こうした記事でもかなり順位を落としているものが多数あります。

単に医療関係者の名前を借りて、記事に権威をつけようとしてもダメ、というわけで、今回のGoogleのアップデートは、小手先のテクニックでは対応できないような、かなり根本的なアップデートだといえるでしょう。

専門家の意見はこうなっている

こうした分野での日本の権威はやはり辻正浩 氏でしょう。SEOのご意見番とも言う存在の辻氏はご自身の公式サイト http://webweb.jp/blog/ ではまだこのアップデートに関する記事は公表していませんが(2017/12/08現在)、ツイッターでこの問題をどう考えたのかをツイートしています。https://twitter.com/tsuj

その中から、いくつか参考になるものを引用いたします。

要するに、不適切なサイトの順位を人力で気がついた順に下げていくというレベルではなく、今後Googleとしては、医療・健康系のサイトで単にアクセス数を稼ぐために記事を作っているという場合には、検索上位には載ることはありません!という断固とした措置だといえるでしょう。

これらのサイトは、医療・健康系ではかなり名前が知られたサイトなので、辻氏が伏せ字にしている部分はおそらく想像がつくと思います。こうしたこれまで検索上位に上がってきていた著名サイトであっても容赦なく順位が下げられている(恐ろしいほど)という状態で、今後は安易に素人が医療・健康系の記事を書いても無理だな・・・という状況になりつつあるでしょう。

今回のアップデートは、医療・健康系の深刻な問題(ガンや不眠など)で、いい加減なアクセス稼ぎのための記事を掲載しているサイトに対する警告であると考えられますが、辻氏が言うように、「健康ジャンルを諦めた悪質な人が他領域のウェブを汚染し始めて、それが多くの人に問題視されるようになったら話は別」です。

要するに、コピペや、コピペをわからないようにするなどのテクニックでリライトしたりするいい加減な記事を作っている場合には、医療・健康関係にかかわらず、今後そのサイトのコンテンツはGoogleから「価値がない記事」としていきなり順位を下げられる可能性がかなり大きいということです。

 

Googleの考える「価値のない記事」とは何か

SEOを気にする人は、Googleの検索アルゴリズムだけを気にする傾向にありますが、これははっきりって間違っています。

Googleでは検索結果の品質を保つために、アルゴリズムの改良だけでなく、Google外部の人間を雇って検索クエリとそのクエリに対して返される検索結果が本当に適切なのかどうかをチェックしていることを知っていますか?

そのマニュアルはもちろん外部に公開されないのですが、時々関係者からネットに流出することがあります。

そのマニュアルの名前は「General Guidelines/検索品質評価ガイドライン」と言いますが、最新のバージョン4.xでは、ページの品質を評価するときに考慮すべき要素として、“YMYL”が入っています。
https://searchengineland.com/quality-raters-handbook-your-money-or-your-life-177663(米国の著名なSEOコンサルタントMatt Macgee(マット・マギー)氏の運営するSearch Engine Land)
============引用==================

There are some pages for which PQ is particularly important. We call these pages Your Money or Your Life (YMYL) pages. They are pages that can have an impact on your current or future well being (physical, financial, safety, etc.). YMYL pages should come from reputable websites and the content should be created with a high level of expertise and authority.

PQ(Page Quality: ページ品質)が特に重要なページもあります。このようなページをYour Money or Your Life(お金や生活) 、YMYLと呼びます。YMYLは、現在あるいは将来の幸福や健康的な生活(身体的、経済的、安全性など)に大きな影響を与える可能性があるページです。YMYLページは、信頼できるサイトに掲載されるべきで、そのコンテンツは高度な専門性と権威とともに作られていなければなりません。

============引用==================

「YMYLは、現在あるいは将来の幸福や健康的な生活(身体的、経済的、安全性など)に大きな影響を与える可能性があるページです。」とあるように、Googleでは、WELQ問題の以前から、こうした記事を作るときには、きちんとその記事が信頼できるものかどうかを最大限チェックするように、というマニュアルを作っていたわけです。

サイトを運営するなら「YMYL」という言葉を知っておきましょう

WELQでは、以前からこうしたマニュアルがあったことを無視して、自動アルゴリズムに引っかからなければ、Googleの審査基準をくぐり抜けられると思って、価値のないサイトを量産していたわけです。

YMYLでは、具体的に下記のようなことを重視しています。

■個人識別番号や銀行口座番号、免許証番号のような個人情報を求める記事
■ユーザーがクレジットカード番号や銀行口座番号を提供することがあるような金融取引に使われる■体の健康に影響を与えうる、医学や健康に関する情報を提供している記事
■子育て・しつけや住宅・自動車購入のような人生における大きな決断に関してアドバイスする記事
■法律的・資金的なアドバイスを与えるような将来の幸福や経済状況に影響を与えうる人生における大きな問題に関するアドバイスを提供する記事

 

これを見ると、今回の大きな検索アルゴリズムの変更は「体の健康に影響を与えうる、医学や健康に関する情報を提供している記事」だけを対象としていますが、将来的にはそれだけではすまないということが分かります。

金融系のアフィリエイトはかなりの高報酬が見込めますので、金融関連の個人情報を提供させるような記事も多いです。しかしこの場合には「個人識別番号や銀行口座番号、免許証番号のような個人情報を求める記事」に該当します。

また、「子育て・しつけや住宅・自動車購入のような人生における大きな決断に関してアドバイスする記事」「法律的・資金的なアドバイスを与えるような将来の幸福や経済状況に影響を与えうる人生における大きな問題に関するアドバイスを提供する記事」もアフィリエイトなどで多数公開されています。

こうした記事を中心にサイトを運営しえいる場合も、今回の医療・健康系のアルゴリズムポリシー変更と同じようなことが起こった場合、大打撃を受けてしまうことは避けられないでしょう。

では、どんな記事を作っていったら良いのか

Googleの方針を知らないでサイトを運営していても、こうしたアルゴリズムのアップデートがあった時に大打撃を受けてしまうことがお分かりいただけたと思います。

では、Googleのこうした方針を踏まえてどういう記事を作っていったら良いのでしょうか。

 

それはGoogleの先程の内部文書「General Guidelines/検索品質評価ガイドライン」で明確に書かれています。

 

============引用=============
More about Expertise, Authoritativeness, and Trustworthiness (E-A-T)
The amount of expertise, authoritativeness, and trustworthiness (E-A-T) that a webpage/website has is very important.
MC quality and amount, website information, and website reputation all inform the E-A-T of a website.

Keep in mind that there are “expert” websites of all types, even gossip websites, fashion websites, humor websites, forum
and Q&A pages, etc. In fact, some types of information are found almost exclusively on forums and discussions, where a
community of experts can provide valuable perspectives on specific topics.

■ High quality medical advice should come from people or organizations with appropriate medical expertise or accreditation. High quality medical advice or information should be written or produced in a professional style and
should be edited, reviewed, and updated on a regular basis.

■ High quality news articles should contain factually accurate content presented in a way that helps users achieve abetter understanding of events. Established editorial policies and review processes are typically held by highquality news sources

■ High quality information pages on scientific topics should represent well-established scientific consensus onissues where such consensus exists.

■ High quality financial advice, legal advice, tax advice, etc., should come from expert sources and be maintainedand updated regularly.

■ High quality advice pages on topics such as home remodeling (which can cost thousands of dollars and impact
your living situation) or advice on parenting issues (which can impact the future happiness of a family) should also come from “expert” or experienced sources that users can trust.

■ High quality pages on hobbies, such as photography or learning to play a guitar, also require expertise.

============引用=============

要するに下記の3点となります。

1.Expertise(専門性があること)
2.Authoritativeness (権威があること)
3.TrustWorthiness (信頼できること)

とはいえ、これらを自分で独自に作成したり、外注したりするのはかなり大変だということがわかると思います。例えば、「自分で作れないから」といってクラウドソーシングサービスなどで、格安のライターさんに頼んでも、結局はサイトの情報をコピペしたような記事しか上がってこないでしょう。E-A-Tを考慮していないので、今後のGoogleの検索上位対策にはなりません。近い将来、公開し続けた記事が無価値になってしまう時が来てもおかしくなりません。

ビルドアップならE-A-T対応の高品質記事をご提供できます!

では、どうしたらよいのか。
答えはシンプルです。

要は「高品質の記事」を公開すれば良いのです。

自分で書くことが難しければ、E-A-T対応の記事を作成できるビルドアップにぜひご相談ください。弊社なら専門家や専門家監修も出来ますし、ご要望に応じて独自の取材をしてコンテンツを作ることもできます。

コンテンツを作りたくても、医師や弁護士、不動産の専門家などに人脈がない、また、お会いし話を聞いても記事にすることができないという場合も多いでしょう。

ビルドアップならE-A-T(専門性、権威、信頼)すべてに対応できる記事をご提供できます。

今後の検索エンジン対策で課題を感じてらっしゃる場合には、ぜひビルドアップにご相談ください。