コンテンツマーケティングとSEO対策は別物?コンテンツSEOは死語?

コンテンツマーケティングとSEO対策は別物?コンテンツSEOは死語?

コンテンツマーケティングという言葉を知ったばかりの頃に感じる疑問のひとつとして「コンテンツマーケティングとSEO対策の違いは何だろう?」ということを思う方もいらっしゃるでしょう。

正直、言葉の定義を問うこと自体はナンセンスだと思います。しかし、勉強したての頃は混同して使う人も多く、みんなが違う認識で使っているとコミュニケーションも上手く取れません。それでは、みんな違う方向に行ってしまうこともあり得ます。

そこで、今回は「コンテンツマーケティングとは」「SEO対策とは」について触れていきたいと思います。

コンテンツマーケティングとSEO対策の違いについて

まずは、両者の言葉そのものの定義について確認しておきます。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、自社のターゲットが探し求めている有益な情報を様々なチャネル(ブログ、SNS、他社のポータルサイトなど)を通して発信し続けることで、顧客化したり、既存顧客の活性化といった自社にとっての利益につながる行動を起してもらうことを目的としたマーケティング手法です。

SEO対策とは?

SEO対策とは、(Search Engine Optimization)の略であり「検索エンジンへの最適化」と日本語に訳せます。その名のとおり、「検索エンジンのユーザー」と「検索エンジンそのもの」にとって読みやすくWebサイトを構築し、より上位表示しやすくする取組みそのものを言います。

死語に近い?が、「コンテンツSEO」という言葉が使われることも

以前は、薄っぺらく価値がないようなページでも外部リンクを自作自演で構築し、上位表示させたいサイトに送ることで上位表示することがありました。しかし、ここ数年の検索エンジンにおいては効果がないばかりか手動ペナルティーを受ける対象となってしまいます。

そこで、多くの人たちが(やっと)価値のあるページを作ろう。という考えを持つようになり、「リンクによるSEO」とは異なる手法として「良質なコンテンツによるSEO」という意味で、「コンテンツSEO」という言葉が使われ始めました。

「価値あるコンテンツを発信することで」→「一部の価値を感じてくれた人たちがリンクを送ってくれるようになり」→「Webサイトに外部からのリンクが自然と蓄積され続けるようになり」→「リンク経由のアクセスが伸び、検索順位も上がる」というような、ロジックです。

説明が長くなりましたが、コンテンツSEOとはSEO対策の方法のひとつです。

じゃあ、「コンテンツマーケティング」「SEO対策」「コンテンツSEO」の関係性は?

ここまでの、説明を簡単に図にまとめると以下のようになります。

SnapCrab_NoName_2015-12-18_14-18-29_No-00

「コンテンツSEO」は「SEO対策」の方法のひとつであり、「SEO対策」は「コンテンツマーケティング」の方法のひとつ、ということですね。

最後に、根っこ部分である「価値あるコンテンツ」がキモ!

上の図でもご確認頂きましたが、すべてに共通している部分は「価値あるコンテンツ」の存在です。(※「価値あるコンテンツ」を弊社では、”読者が探し求めている情報を分かりやすく整理して伝えてあげること”と定義しています。)

「価値あるコンテンツ」があれば、自然と検索エンジンの対策にもつながり、(まだ潜在的な)見込み客の目にも多く触れるようになり、コンテンツマーケティングも成功しやすくなります。「SEO対策」を始めるにせよ、「コンテンツマーケティング」を始めるにせよ、まずは、「価値あるコンテンツ」にフォーカスしてみてはいかがでしょうか。