デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いとは?7つのデジルマーケティングの手法を解説

img_web-marketing02

「デジタルマーケティング」という言葉が検索されることが増えてきました。デジタルマーケティングとは何か、気になる人も多いのではないでしょうか?

なんとなく、「Webマーケティング」に近い言葉だということは分かるけれど、デジタルマーケティングがどのようなことかわ分からないという人に、今回はデジタルマーケティングの用語や、デジタルマーケティングの手法についてお伝えしていきます。

1. デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いとは?

デジタルマーケティングは、Webマーケティングを包括する言葉です。Webマーケティングとは、簡単に言うとWebサイトを通じた販促活動です。コンバージョン目標を設定し、サイトに訪れた見込み客に、製品やサービスを契約してもらったり、メルマガを登録してもらったり、問い合わせをしてもらったりします。

デジタルマーケティングとは、これをより広く解釈したものです。

Web以外のものであっても、デジタルを活用してマーケティングを行っている場合はすべてデジタルマーケティングとなります。デジタルとは、デジタルデータ、デジタルテクノロジー、デジタルデバイス、デジタルメディア等でも使われている言葉なので、直感的に分かる方も多いでしょう。
デジタルといっても、活用範囲はとても広く、さまざまなものがITを駆使して販促活動に使われています。
そんなデジタルマーケティングですが、どのようなアプローチがあるのでしょうか?

2. デジタルマーケティングの7つの手法

(1) Eメールによる販売促進活動

Eメールによる販売促進活動は、デジタルマーケティングの代表的なものです。
メールを公開されているアドレスに送信したり、Webサイトに設置した登録フォームから、メールアドレスを登録してくれた人に、販促活動のメールを送信します。

しかし、最近ではEメールマーケティングは開封率が低いという問題があります。

開封率を上げるには、できるだけタイトルに興味を惹くような魅力的なメッセージを込める必要があります。冒頭の文章も大切です。特に、スマートフォンの場合は、メールの冒頭文が受信箱を開いたときにプリヘッダーテキストとして表示されますので、若い人などは最初の一行でメールを開くか開かないかを判断してしまいます。

メールアドレスを登録している人は、少なからず商品・サービスに関心を持ってくれています。よりファンになってもらうには、タイトルやテキストを工夫してみましょう。

(2) SNSなどのソーシャルメディアマーケティング

FacebookやTwitter、Instagram、LINE@などのソーシャルメディアによって、見込み客・顧客にアプローチしていく方法も、デジタルマーケティングの一種となります。できるだけ、該当のソーシャルメディアをメインで使っている年齢層に近い世代のスタッフに担当させると良いでしょう。

統計では、Facebookの利用者には40代、50代の既婚男性、ビジネスパーソンが多く、Twitterは企業アカウントの「中の人」のようなアカウントが人気です。またInstagramは、10代、20代のおしゃれなものに敏感な女子が多く使っていることがわかっています。それぞれの企業のターゲットに応じて、ソーシャルメディアを使い分けましょう。

すべてのソーシャルメディアにアカウントを開設する必要はありません。チャネルは多いほうが、いろいろな見込み客がやってきてくれる可能性はありますが、その分、運用コストも高くなります。中には、LINE@などを開設したにも関わらず、活かしきれずにコストがかさみ、撤退する企業も登場しています。企業では社員が運用するため、社内のリソースを投入することになります。なかなか成果が上がらない場合、そのソーシャルメディアでのマーケティングは諦めうるという判断も必要です。

(3) スマートフォンやタブレットで使うアプリ

最近では、アプリマーケティングも考えられます。自社のサービスに興味を持った人にダウンロードしてもらい、クーポンを発行したり、予約管理を行ったりするものです。アプリをダウンロードするということは、かなり強い関心を抱いてくれていることですので、訴求効果は抜群です。

アプリの開発にはコストを伴います。人的リソースが必要とされますので、慎重に設計していく必要があるでしょう。アプリをダウンロードしているということは、すでに企業名等は認知されている状態です。あとは個別の商品やサービスをアプローチしてくことが肝心になります。

直接、販売しなくとも、予約状況が確認できるサービスや、Beacon(ビーコン:近距離の検出機能)を使って、近くに来たら自動でクーポンをプッシュアップするサービスなどでアプローチしていくと、効果的でしょう。

(4) デジタルでのポイント、オムニチャネル

デジタルで管理できるポイントなども、デジタルマーケティングの一種です。ポイントは数多くの種類が発行されていますが、どれも利用者のサービスへの訴求力を高めてくれます。Webサイトに会員ページを作って、ポイントが見えるようにしましょう。サイトで買い物したり、どこかのサイトから登録したりしてくれたら、ポイントを発行します。

また、オムニチャネルなどもデジタルマーケティングと呼ばれます。オムニチャネルは、店舗などで店員がタブレットを持ち、顧客に在庫状況やカラー展開などを説明したり、ライバル店との価格比較を行い、即時に販売の全体最適を行うときなどに使われます。

このように、他の媒体との連携を行うことが重要です。そうしてマーケティングを進めていくのもデジタルマーケティングの一種となります。

(5) デジタルサイネージ

最近、都会の人通りが多いところで、町や施設、駅などに、電子の看板が立てられているのを見たことはないでしょうか。大きなディスプレイなどを使い、電子掲示板・電子看板などを立てていくのが、デジタルサイネージになります。これまでは紙で行われていたチラシやポスターなどを、電子で代替するものです。

中には、案内などができるデジタルサイネージもあり、ただ単にポスターを置き換えただけではない機能を持つものもあります。非常に多くの注目を集めることができ、また、情報をリアルタイムで配信することができます。

(6)顧客データ分析

これまでの販促活動で得られた顧客データを元に、販売情報を分析します。例えば、雨の日にクーポンを発行すると売り上げが伸びるとか、おむつとビールを抱き合わせにするとよく売れるとか、そういったデータ分析ができるようになります。

販売活動を通じて得た売上データ、顧客データは、貴重な会社の資産です。うまく分析して、次の売り上げに活かしていきましょう。また、顧客データなどは大切な個人情報が凝縮されていますので、Webから参照されるような場所に保管するのはセキュリティ上好ましくありませんので注意しましょう。

(7)IoTを使ったデジタルマーケティング

今流行の、IoT(Internet of Things)などの最先端テクノロジーなども、デジタルマーケティングに使うことができます。IoTとは、すべてのモノがインターネットにつながる仕組みです。たとえば、Apple社のApple Watchなどは、腕時計がインターネットに接続されたものです。それによって心拍数や脈拍などをカウントし、ダイエットなどのボディスキャンに役立てます。

IoTは、さまざまなモノがインターネットにつながります。商品そのものが情報を発して、通信することによって、ビジネスのアイデアは無限に広がります。こうしたIoTなども、新しいデジタルマーケティングの形でしょう。

まとめ

デジタルマーケティングは、Webマーケティングを含有したものです。デジタル上で行われる販促活動は、すべてデジタルマーケティングとなります。さまざまな情報とデータを用いて、マーケティングを行っていきましょう。