グーグルアナリティクスの設定・導入方法3ステップ

グーグルアナリティクスを導入する方法

グーグルアナリティクスをWEBサイトに導入することで、効果的なWEB施策を施すためのヒントを知ることができます。あなたも、自社サイトの運営をしながら、以下のような想いを抱いていませんか?

  • 「どのページにアクセスが集中しているか?」
  • 「離脱率が高く不人気なページはどれか?」
  • 「閲覧ユーザーはどこからの地域が多いのか?」
  • 「自分のホームページを見てくれている人はパソコンと、スマートフォンのどちらの利用が多いのか?」

Google Analytics(グーグルアナリティクス)を設置すればWEBサイト閲覧者の行動を分析できるようになるので、このような疑問を解消することができます。

グーグルアナリティクスを活用すれば自分のサイトに訪れる流入者にWEBサイトを最適化する事が可能になります。例えば、TOPページにスマートフォンからのアクセスが集まっている、としましょう。このような場合はサイトをスマホに最適化させる事で更なるユーザビリティ向上、検索流入を狙えます。商品販売サイトを運営されている方には売上アップに繋げるための施策が可能になります。

ビジネスサイトを運営している方はもちろん、人気ブログを作り上げるためにもアナリティクス機能は有効です。「はてなブログ」「アメーバブログ」などのblogサービスにも導入可能なので自分の運営blogの人気を集めるために活用することできます。無料で使えるグーグルアナリティクスを積極的に活用しましょう。

無料でもPDCA改善サイクルを回すための有益な情報を得ることができます。

ちなみに、有料版では「データ量制限の緩和」「サポートの強化」などのメリットが挙げられます。しかしながら、大多数の企業が無料版のグーグルアナリティクスでも十分な分析活動を行えています。まさに、無料で利用できるアクセス解析ツールの定番とも言えるでしょう。

「アナリティクス機能に興味はあるんだけど導入方法がイマイチ分からない…」という方のために、グーグルアナリティクスを設置・導入するための3つのステップを紹介します。貴社のサイトパフォーマンスの向上に貢献できれば幸いです。

1.まず、Googleアカウントの取得しよう

グーグルアナリティクスを設置するために、まずは「Googleアカウント」を取得する必要があります。検索エンジンでgoogleアカウントと検索すれば、登録サイトが表示されるのでクリックしましょう。既にアカウントの取得が完了されている方は本項目を飛ばして「2 アナリティクスに申し込む」に進んでください。

Googleアカウントの取得

続いてアカウント作成のための必要情報を記入しましょう。

必要項目の記入

記入漏れが無いように必要情報を登録していきましょう。

Googleアカウントの取得完了画面

必要情報を記入して取得完了です。googleアカウントはG-mailやGoogleウェブマスターツールを使用するためにも必要になるので取得しておいて損はないはずです。

2.グーグルアナリティクスに申し込む

アカウントの取得が完了しましたらグーグルアナリティクスを使用するために必要となる「トラッキングコード」を取得します。

グーグルアナリティクスログイン画面

まずは取得したgoogleアカウントと、Google Analyticsを紐付けます。アカウントは既に持っているので右上部の「ログイン」をクリックしましょう。

グーグルアナリティクスのお申込み

「お申込み」をクリックした後にアカウント登録の必要情報を記入します。

グーグルアナリティクスお申し込みの必要情報入力

図の順番にしたがって必要情報を記入してください。

1.WEBサイトの種類を選択しましょう。今回は「ウェブサイト」を選択します

2.ではgoogle Analyticsを利用する際のアカウント名を指定します。把握しやすい名前にしましょう

3.にはアクセス解析したいサイト名を入れましょう

4.には解析対象のURLを記入してください

必要情報を記入した後に、「トラッキングIDを取得」をクリックしましょう。Googleアナリティクスの利用規約を熟読した後に「同意する」を押してください。

以上でグーグルアナリティクスの登録は終了です。

なお、アナリティクスに限らずWEBサービスを利用する際は必ず利用規約を熟読しましょう。「しっかりと読むのは面倒くさい…」と思われるでしょうが、知らず知らずの内の利用違反を防ぐためにも規約はしっかりと読み込んでおくべきです。内容を確認した上で「同意する」をクリックしてください。

グーグルアナリティクスの利用規約

3.トラッキングコードをWEBサイトに設置する

グーグルアナリティクスへの登録が完了すると、トラッキングコードが表示されるので忘れずにコピーしましょう。後ほど解析するサイトにコードを設置さる際に必要になります

トラッキングコード発行画面

本記事ではトラッキングコードを「WordPress」への設置手順と、ブロガーや企業のコンテンツマーケティングにも使われることのある「はてなブログ」への設置手順を解説します。

Wordpresへの設置方法は「直接貼り付ける方法」と「プラグインを用いる方法」の2パターンを解説します。ワードプレスは商用サイトの構築から個人向けまで多くの方が利用されているのではないでしょうか?グーグルアナリティクスを設定して、効果的にサイト運用をしましょう。

併せて「はてなブログ」へ設置する例も紹介します。はてなブログはソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」を運営する会社が提供する無料ブログ(有料版も有り)で、ソーシャルメディアとの相性が良く、コンテンツの質が良ければバズりやすい(ソーシャルメディアによる拡散を生むことを「バズる」と表現することがあります。)ブログです。

なお、グーグルアナリティクスにサイトデータが反映されるまでは数分から、長い時では1日かかりますので余裕をもって確認してください。

3-1.WordPressにグーグルアナリティクスを導入する方法

3-1-1.Wordpresにトラッキングコードを直接設定する方法

Wordpresのダッシュボード内の『外観>テーマ編集>ヘッダー』からトラッキングコードを貼り付けてアナリティクスを設置することが可能です。

まずはダッシュボードの「外観」の上にマウスを置き、「テーマ編集」を表示させてクリックしてください。

WordPressテーマ編集画面

右側にテンプレート内のパーツ一覧が表示されるので「ヘッダー」をクリックしてください。

header.phpを選択する

編集画面を開いたら、<head>~</head>タグ内にトラッキングコードを貼り付けてください。

グーグルアナリティクスコードをペースト

貼り付けが完了したら「ファイルを更新」をクリックして完了です。

3-1-2.Wordpresのplug-in(プラグイン)を利用してトラッキングコードを設定する

Wordpresには数多くのplug-in(プラグイン)が用意されています。plug-inを活用する事で容易にWordPressブログのカスタマイズが可能となります。グーグルアナリティクスの導入にもやはり専用のプラグインがあり、活用することで、グーグルアナリティクスを容易に設置することが可能になります。プラグインを使用して設置した場合はワードプレスのテーマを変更してもトラッキングコードを貼りつけ直す必要がないので、管理の手間を軽減することが可能です。

また、ワードプレスのテンプレートによっては『外観>テーマ編集>ヘッダー』が見つけにくい場合があるので、そのような際にもplug-inを利用したトラッキングコードの設置は有効な手段です。

本記事では「Ultimate Google Analytics」を例にインストール手順を解説します。

まずは、ダッシュボード一覧の「プラグイン」の上にマウスを置き、「新規追加」をクリックしてください。

WordPressにプラグインを追加する

赤枠部分に「Ultimate Google Analytics」と入力して、検索してください。

「Ultimate Google Analytics」を検索する

検索結果に表示されるので「いますぐインストール」をクリックしてください

「Ultimate Google Analytics」をインストールする

「プラグインを有効化」をクリックしてください。

「Ultimate Google Analytics」を有効化する

「設定>Ultimate GA」をクリック

Ultimate GAをクリックする

Account ID部分に取得したアカウントIDを貼り付け、「update options」をクリックして完了。

トラッキングコードを張り付ける

他にもgoogleアナリティクスを設置するためのplug-inはあるので、導入になれてきたら自分に合うものを探しだしてみるのもいいでしょう。

また、WordPressを導入したら一緒にインストールしたいお勧めのプラグインは「WordPressプラグイン|最低限インストールすべき、おすすめ11選」で紹介していますので、ご確認ください。

3-2.はてなブログにグーグルアナリティクスを導入する方法

「はてなブログ」は専用のグーグルアナリティクス専用の設定が用意されているので比較的、簡単にトラッキングコードを設置することが可能です。「はてなブログ」のIDを取得しているという前提で解説を進めていきます。

※無料ブログサービスでグーグルアナリティクスのような外部WEBサービスを活用する際に「利用規約」をしっかりと確認しましょう。blogによっては外部プログラムの使用を禁止されているケースがあります。事前に確認する習慣を身につけることを強く推奨します。本項でとりあげる「はてなブログ」ではGoogle Analyticsを禁止する規定の明記は特に無いので「問題が無いもの」と解釈しています。(2015年3月現在)

Hatena BlogのTOPページから「設定」をクリック。

はてなブログのTOPページ

「詳細設定」をクリックします。

はてなブログ管理画面「詳細設定」をクリック

画面を下までスクロールした後に、「Googl Analytics埋め込み」部分に取得したトラッキングコードを入力して「変更する」をクリックします。

はてなブログにトラッキングコードをペースト

トラッキングコードの設置が完了したら、グーグルアナリティクスの管理画面に戻ると、アクセス解析を行うことができるようになります。

グーグルアナリティクスTOP

4.グーグルアナリティクスの基本機能の解説

最後に、グーグルアナリティクスを利用する際、抑えておきたい基本的な機能を解説します。レポートは「リアルタイム」「ユーザー」「集客」「行動」「コンバージョン」の5つの項目に分類されています。

グーグルアナリティクスで押さえておきたい基本項目

レポートの中でも赤枠「ユーザー」「集客」「行動」の3項目は、まず押さえるべき基本ポイントだと言えるでしょう。それぞれ解説してみます。

4-1.ユーザー

「ユーザー」では自分のサイトの訪問数やPV(ページビュー数)を知ることができます。

ユーザー サマリー Google Analytics

本項目を確認することで自社サイトの流入推移を体感的に把握することができます。

4-2.集客

「集客」では自社サイトに訪問者がどのような流入経路で辿り着いたかを確認することが可能です。

集客サマリー Google Analytics

上図の場合、検索流入が87%と大半を占めていることが直感的に理解できます。

4-3.行動

「行動」ではどのページのアクセス数が多いかを知ることができます。

行動サマリー Google Analytics

当然、ここで紹介した機能は一部に過ぎません。基本的な利用方法を抑えれば、より正確なアクセス解析からWEBサイトのパフォーマンスを向上させることが可能です。

最後に

グーグルアナリティクスの概要と導入方法についての解説はいかがでしたでしょうか?

アナリティクスツールを設置して、自分のサイトの現状を把握することで改善サイクルを加速させることが可能になります。たった3つの手順だけでグーグルアナリティクスを無料で導入することができるので、あなたも是非、導入してください。

次回はより詳細に「Googleアナリティクスの機能の基本的な使い方」を解説します。