インターネット集客方法10種|今WEB担当者が覚えておくべき集客法

インターネットの集客方法

「ホームページやブログを立ち上げたけどアクセスがやってこない。」

あなたは、このようなお悩みをお持ちでは無いでしょうか?

当然ですが、ホームページを立ち上げて公開するだけではアクセスは流れてきません。それは砂漠の砂漠のど真ん中にお店を出店するようなものなのです。

ホームページにインターネットを用いて集客するには大きく、

  1. 検索エンジン
  2. ソーシャルメディア
  3. 外部のサイト
  4. 直接訪問

の4つの集客経路があることを覚えておきましょう。

これら4つの経路からインターネットで集客する方法を知り、実行に移す事で、あなたは競合サイトを上回るアクセスを獲得することが出来るようになります。

では、早速1つ1つ確認していくことにしましょう。

1.検索エンジン経由で集客する方法

Search Engine Optimization

1-1.SEO対策(検索エンジン最適化)

検索エンジンの狙ったワードで上位表示する事です。

SEO対策が上手くいけば、無料で良質な売上に直結するアクセスを継続的に獲得することができます。WEBサイトの場合、SEO対策抜きのWEBマーケティングは考えられません。

バイラルメディアという検索エンジンの集客を無視したSNS集客のみに頼ったメディアもありますが、全てのビジネスにおいて有効かと言ったら、そうではありません。SEO対策は最も注力すべき集客方法だと言っ切ってもいいでしょう。

SEO対策の基本的な考え方としては、内部リンクやカテゴリ構造等を意識したホームページで、ターゲットが探し求めているコンテンツ(情報)を作成・配信し続ける事です。

  • 期間:2~3ヶ月~
  • おすすめ(5段階):★★★★★
  • コスト:コンテンツ作成にかかる人件費や外部委託費

今日から始められるSEO対策|検索順位を上げる為の方法15 (当サイト)

1-2.リスティング広告

SEO対策の欠点は効果が現れてビジネスにいい影響が出始めるのに、ある程度の期間を要する事です。

リスティング広告はリアルタイムで検索エンジン上の狙ったキーワードの検索結果に広告を掲載できるため、早ければ数時間で売上につながる集客ができます。

しかし、リスティング広告に頼り切ったビジネスモデルは貧弱で利益が確保しずらいのが欠点である為、SEO対策と一緒に考えましょう。

  • 期間:数時間~
  • おすすめ(5段階):★★★☆☆
  • コスト:1クリックにつき数十円~数千円(出稿ワードによる)

リスティング広告とは|今更聞けないリスティング広告の基礎 (出典:LISKUL)

2.ソーシャルメディア経由で集客する方法

ソーシャルメディア集客

2-1.ソーシャルメディア最適化(SMO対策)

先述したSEO対策は、検索エンジンにヒットしやすいサイトにする事でした。一方で、このSMO対策は、ソーシャルメディアでシェアしてもらいやすくする対策のことです。

かつては、SEO業者に委託して、10位以内に表示された日数×数千円を支払えば、順位が知らないうちに上がっていた時代もありましたが、今は「いかに、ターゲットに喜んでもらえるコンテンツを提供し、満足してもらえるか。」です。(リンクを購入するという行為はGoogleのガイドライン違反です。今良くてもペナルティを受けるのは時間の問題でしょう。)

ターゲットに満足してもらえれば、ソーシャルメディアでシェアしてもらえて結果としてナチュラルな外部リンクの獲得に繋がります。

SEO対策とSMO対策はセットで考えましょう。

  • 期間:数時間~
  • おすすめ(5段階):★★★★★
  • コスト:無料~

 SMOによる被リンク構築 (出典:SEO 検索エンジン最適化)

2-2.ソーシャルメディア広告

リスティング広告の場合には検索エンジン上への掲載でしたが、ソーシャルメディア広告の場合には、Facebookやtwitterのタイムライン上に広告を掲載できます。

しかも、ある程度、ターゲットのセグメントが切れるためほぼ狙った層にアプローチする事が可能です。商材の相性次第では、リスティング広告よりも高いコストパフォーマンスが得られる場合もありますので試してみましょう。

  • 期間:数時間~
  • おすすめ(5段階):★★★☆☆
  • コスト:1アクションにつき数十円~数百円

かんたん!Facebook広告の出稿・設定手順・ポイント(2014年4月現在) (出典:LISKUL)

 Twitter広告とは?3種類のプロモ商品料金目安と特徴比較 (出典:わかること!)

3.外部サイトから集客する方法

外部サイトから集客する

3-1.純広告

純広告には大きく以下の3種類のタイプが存在します。(正確には、これから紹介する「ネイティブ広告」「動画広告」も大枠では純広告という言い方をすることもあります。)

  • imp/pv保証型‥ 広告の表示回数を保証するタイプの広告(1,000,000PV保証など)
  • 期間保証型‥広告の掲載期間を保証するタイプの広告(1週間、2週間、1ヶ月など)
  • クリック保証型‥規定のクリック数が消化されるまで掲載されるタイプの広告(1,000クリック保証など)

メリットは属性が合えば非常に費用対効果の高い集客が実現する事もありますが、費用が高い場合が多いので属性が合わなかった場合には大きなリスクがあります。プロモーションとして扱う場合には純広告の取り扱い経験が豊富な代理店にアドバイスを求めるといいでしょう。

  • 期間:5営業日~(媒体による)
  • おすすめ(5段階):★★★☆☆
  • コスト:30万円~(媒体による)

3-2.ネイティブ広告

ネイティブ広告とは媒体の記事などのコンテンツと自然に(ネイティブに)馴染ませて同化させたような広告のことを言います。一般のコンテンツに混じって「PR」「広告」のようなフラグがついたコンテンツを見たことはありませんか?訪問者は通常の広告と違って自然に受け入れてくれるため強い印象を残すことができます。

最近では多くのメディアがネイティブ広告メニューを販売していますので試してみる価値はあるでしょう。

  • 期間:5営業日~(媒体による)
  • おすすめ(5段階):★★★★☆
  • コスト:20万円~(媒体による)

ウェブ広告の常識を変える「ネイティブ広告」とは?6種類のネイティブ広告解説とステマにならない使い方。 (出典:ガイアックス・ソーシャルメディア・ラボ)

3-3.動画広告

サイバーエージェント、博報堂が参入の動きを見せるなど こちらも近年盛り上がりを見せている動画市場。インターネットメディアも動画コンテンツを導入する事例が増えていて、「若者のテレビ離れ」と言われていますが、ネットでの動画視聴に人が流れてきています。

広告主が少ない今のうちから始めておけば非常に高い効果が得られるかもしれませんね。

  • 期間:1営業日~
  • おすすめ(5段階):★★★★☆
  • コスト:数万円~

動画広告市場の盛り上がり (出典:video-ad.net)

『TrueView』って?今更聞けない最低限知っておきたいYouTube動画広告の基本 (出典:LIG)

3-4.アフィリエイト広告

成果報酬型広告とも呼ばれます。最大の特徴は特定の目的(資料請求・会員登録・購入・申込など)が達成された場合のみに広告費用を支払えばいい為、費用対効果の調整がしやすいという点です。

しかし、広告を掲載する媒体運営者(個人であることが多い)はお金を稼ぐことが目的なため、ありもしない事を書いて成約させてしまい、質の悪い顧客が増えてしまった等のデメリットもあります。

運用する場合には放ったらかしにせず、経験者やASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダの略でアフィリエイト広告の代理店のような業者)の担当者にアドバイスを求めるなどして、しっかり運用する姿勢が大切です。

  • 期間:5営業日~(ASPによる)
  • おすすめ(5段階):★★★★☆
  • コスト:初期費用50,000円+月額費用40,000円+成果報酬(ASPによる)

日本最大級のPC・スマートフォン対応アフィリエイトサービスA8.net (日本最大規模のASPです)

アフィリエイト 初心者の方へ 日本最大級のアフィリエイトサービスならバリューコマース! (主要株主がYahoo!の大手ASP)

3-5.アドネットワーク

アフィリエイトは購入や申込が成果地点(広告掲載料が発生する段階)なのに対して、アドネットワークは1クリックあたり数十円となります。

以下で紹介するようなネットワークであれば、媒体のカテゴリや配信時間帯、月の予算などを細かく調整できる為、費用対効果の調整がしやすい。相性が良いため、スマホアプリの出稿先を探している担当者にはお勧めしたい集客方法です。

  • 期間:3営業日~(事業者による)
  • おすすめ(5段階):★★★★☆
  • コスト:成果報酬のみの場合が大半(事業者による)

スマートフォン広告なら日本最大級のnend (A8.netと同じ会社が運営する国内最大級のネットワーク)

アイモバイル(i-mobile) 国内最大級のアドネットワーク広告 PC/スマートフォン広告 (同じく国内最大級で古くから続くネットワーク)

4.直接訪問で集客する方法

直接訪問

4-1.継続的に魅力的なコンテンツを提供し続ける

直接訪問が多いサイトというのは、「読者とのエンゲージメント(愛着心)が非常に高い状態である」と言い換えることができると思います。読者はそのサイトに期待するものがあり、訪れることでいつも期待に応えてくれるコンテンツを備えている。そういったサイトこそが直接訪問したくなるサイトです。

Yahoo!はとてつもなく莫大なトラフィックを集めていますが、それはネットユーザーにとって欲しい情報・体験が常に用意されているからでしょう。

いくら検索エンジン・ソーシャルメディア・外部サイトから集客をかけても、素通りされてしまうようなコンテンツであれば全ては無駄です。コンテンツを充実させて「訪れてよかった。」「また訪れよう。」と思ってもらえるサイト作りが大切なのです。

  • 期間:3ヶ月程度~
  • おすすめ(5段階):★★★★★
  • コスト:コンテンツ作成にかかるコストやリソース

コンテンツとは見た人の生活の質を上げるもの (出典:BAZUBU)

インターネット集客は、コンテンツありきで考えよう

ここでは大きく4つのインターネット集客方法をご紹介してきました。

冒頭でもお話したように、これらの方法によってWEBサイトに集客することができたとしてもコンバージョンしなければ、それはコンテンツを疑うようにしてください。魅力的なコンテンツ(プロダクトや機能、体験、記事…)を、これらの方法により認知させる事によって、購入や申込・登録などの目的を促進させ、場合によって新たな顧客を紹介してくれるようになるかもしれない。

あの東京ディズニーリゾートは、「人を喜ばせるコンテンツ」を創造するプロの集団ですが、驚異のリピート率95%というとてつもない数字を誇っています。それゆえ、毎年増収増益を達成している素晴らしいコンテンツを持っています。

ユーザーにとって魅力的なコンテンツがビジネスに好影響を与える良い例ですので覚えておきましょう。