chromeアドオンのおすすめ―WEBマーケター必須の12種

chromeアドオン

2014年には、世界のインターネット利用者内でのChromeユーザーが約43%との調査結果が発表されました。
2008年に登場したChromeは、そのスタートから右肩上がり。
動作が速くて、拡張機能が充実している点、ログインすることで所有するデバイスでブックマークなどを共有できる利便性から、これからも伸びてゆくと想像できます。

今回はこのChrome拡張機能(アドオン)で「これは使える!」というモノ12選をご紹介します。

まず、この拡張機能(アドオン)について軽くご説明―。
今更アドオン、という方は読み飛ばしてください。

アドオンとは、このChromeに自分好みの新機能を追加できる簡易プログラムのこと。
もちろん基本的なブラウジング機能だけでも充分な利用価値のあるChromeですが、目的に合わせたアドオンを導入することで作業効率がはかどります。

特にWEBマーケターにとっては、サイトの見比べやそれに伴う履歴のチェック、サイトのキャプチャなど、作業として必ず行っている自分ならではの一連の流れ(動き)があるはずです。
これらの一連の作業をサポートしてくれるアドオンや、作業の環境を快適にしてくれるアドオンもあります。

これらのアドオンは、追加しすぎるとChrome自体の動作が遅くなることもあるので、まずは入れてみて試し、必要ならば残す、不必要であれば削除するようにしてください。
次々に新しいアドオンが発表されています。
自分にとって使いやすい物を選択しながら、自分仕様のChromeに育てて行ってください。

 

1.Awesome Screenshot

Awesome Screenshot

https://chrome.google.com/webstore/detail/awesome-screenshot-screen/nlipoenfbbikpbjkfpfillcgkoblgpmj?hl=ja

あるページのデザインが気になったとき、プリントスクリーンキーを使用していませんか?
このプリントスクリーンキーで撮ったスクリーンショットは、「自分自身の持つモニタでの表示範囲」のみであることに難点があります。
サイトデザイン全体を保存したい場合、このAwesome Screenshotを使用すればOK。
また、希望の部分だけをキャプチャすることもできる上、文字などの注釈を入れることも可能です。
数あるサイトの比較と、自分がなぜそのサイトに注目したかの記録が取れるので便利。

 

2.SearchPreview

SearchPreview

https://chrome.google.com/webstore/detail/searchpreview/hcjdanpjacpeeppdjkppebobilhaglfo

便利なgoogle検索をより利便性高く利用できるアドオン。
「あのサイト、以前どこかで見かけたけど検索結果の文字列だけではどこだったのか…」ということも案外多いものです。
このアドオンを追加しておけば、検索結果にサイトプレビューをつけてくれます。
人間が何かを見分けるのは、文字ではなく画像や色合いを記憶しているから。
このアドオンさえあれば、検索結果も「ああ、あの時見たあのサイトだ」と明確に見分けることができます。
日々検索結果が上下するgoogle検索だからこそ、このアドオンが役立ちます。

 

3.Evernote Web Clipper

Evernote Web Clipper

https://chrome.google.com/webstore/detail/evernote-web-clipper/pioclpoplcdbaefihamjohnefbikjilc?hl=ja

写真や画像、メモを一元管理するために、既にユーザーも多い「Evernote」。
スマートフォンで録音した音声や名刺読み取り機能も便利で、ビジネスパーソンにも人気です。
この「Evernote Web Clipper」は、気に入ったWebページ情報(URL)や画像、リンクなどをすべてクリップしておけます。
お気に入り(ブックマーク)しておいても、そのサイト自体が無くなっていることも多々ありますが、この「Evernote Web Clipper」はそのサイトを構成する情報全てを保存しておけますので、永久保存版として保持しておくことができます。

 

4.Auto Pagerize

Auto Pagerize

https://chrome.google.com/webstore/detail/autopagerize/igiofjhpmpihnifddepnpngfjhkfenbp?hl=ja

google検索で上がってくる結果を、ページ移動することなくスクロールのみで見ることができるのでとても便利です。
もちろんこれは、検索結果のみならず、ニュース記事などにもつかえるので、汎用性の高いアドオンと言えるでしょう。
ページデザインが崩れて見えるサイトもありますので、そういった場合は無効にしておけばよいだけですので、使い方が難しいということもありません。
自動的に次ページを先読みするアドオンですから、まれに動きが遅いと感じられることがあるかもしれません。
そのサイト(サーバ)との相性もあります。

 

5.Chrome用TooManyTabs

Chrome用TooManyTabs

https://chrome.google.com/webstore/detail/toomanytabs-for-chrome/amigcgbheognjmfkaieeeadojiibgbdp?hl=ja

ネットの世界をあちらこちらとさまよっているうちに、タブが膨大な量になってしまうことはないでしょうか。
参考にしたいサイトデザイン、文章、写真―各種見比べはとても大事な作業ですが、結果的にタブが増え「あのタブはどれ?」ということでははかどりません。
この「Chrome用TooManyTabs」を入れておけば、一番右のタブのページに今現在開いているサイトのサムネイルが一覧表示されます。
また、誤って閉じてしまったタブの復元も簡単なので、「しまった!」という不測の事態も避けることができます。

 

6.Buffer

Buffer

https://chrome.google.com/webstore/detail/buffer/noojglkidnpfjbincgijbaiedldjfbhh

サイトやブログ運営と同時に、その記事の抜粋をtwitterやFacebookにUPしている方も多い事でしょう。
大事なのは、お友達やフォロワーがアクティブだと思われるタイミングで投稿する事です。
週末などは特に諸事情でその大事なタイミングに投稿できないこともあるでしょう。
事前に投稿予約をしておくのはどうでしょうか。
このBufferは、投稿する曜日と投稿時刻を自由に設定することが可能です。
また、解析機能をもっていますので、リツイートされた数やURLのクリック数を知ることもできます。
どんなネタに反応があったのかを把握するのにも便利そうです。

 

7.Create Link

Create Link

https://chrome.google.com/webstore/detail/create-link/gcmghdmnkfdbncmnmlkkglmnnhagajbm

ブロガーさんには必ず入れておいて頂きたいアドオン。
リンクを数多く作らなくてはならない場合、いちいちHTMLタグでURLを囲むのも面倒な作業です。
この「Create Link」があれば、ページ名と同時に、URLに対してのHTML構文をクリップボードへ自動的にコピーしてくれるのです。
このアドオンさえあれば、あの「地味だけどとても面倒な作業」から解放されます。
ブログによっては、構文が異なるケースもあるかもしれません。
この「Create Link」は、好みのスタイルにフォーマットを変更しておくこともできますので、複数のブログを作成している方にもおすすめです。

 

8.User-Agent Switcher for Chrome

User-Agent Switcher for Chrome

https://chrome.google.com/webstore/detail/user-agent-switcher-for-c/djflhoibgkdhkhhcedjiklpkjnoahfmg

自分の作成したサイトやブログが、スマートフォンやタブレットでどのように表示されるのか心配になることはありませんか。
かといって、いちいちそれら端末で開いて確認するのもとても面倒です。
そういったときに使って頂きたいのが、このアドオン。
サーバへ送信するUserAgent情報を、いわば「偽造」することで、各種端末でどう表示されるかをPCモニタで確認することができるのです。
始めからセットされているUserAgent情報だけでなく、任意のUserAgent情報をセットすることも可能。
サイトやブログのカスタマイズもこれで楽になります。

 

9.Gestures for Chrome

Gestures for Chrome

https://chrome.google.com/webstore/detail/gestures-for-google-chrom/jpkfjicglakibpenojifdiepckckakgk

マウスジェスチャーやスーパードラッグ&ドロップを直感的に行えるアドオン。
右クリックしながらマウスを右へ動かすと「進む」、右クリックしながら左へ動かすと「戻る」のように、基本は右クリック。
デフォルトの設定で充分に使えますが、必要とあらば自分好みに変更することも可能です。
タブの選択や再読み込みにまで対応できますので、細々とした使い勝手は充実しています。
多くの情報を多数のタブで比較検討することの多いWEBマーケターやブロガーには必須アイテムかもしれません。

 

10. Better History

Better History

https://chrome.google.com/webstore/detail/better-history/obciceimmggglbmelaidpjlmodcebijb?hl=ja

Chromeでちょっと残念なのが「閲覧履歴」。
一覧でだらだらと出てくるため、「あの日、あの時間帯にみたもの…」という記憶からたぐるのが多少面倒なこともあります。
これを解消してくれるのがこの「Better History」というアドオン。
日付や時刻などの、かなりあいまいな記憶から履歴を探ることができます。
また、「間違いなくこのサイトの中のどこかにある」と確信が持てる履歴を検索することも可能です。
履歴の様々な探し方に対応してくれるのがとても便利。

 

11.Ghostery

Ghostery

https://chrome.google.com/webstore/detail/ghostery/mlomiejdfkolichcflejclcbmpeaniij?hl=ja

Webサイトの利用者の動きを記録したり、追跡することをトラッキングということはご存知の通り。
特定のWebページを開いた時に、アクセス日時やアクセス元の情報を取得するためのビーコンが埋め込まれているか知りたくなることがありますね。
これらを、いちいちソースからたぐることなく済むのがこのアドオン。
競合する他社がどのようなツールを使用しているのかを、このアドオン導入で知ることができます。
見た目はシンプルながら、一覧でさっと見渡せるのがメリットです。

 

12.AdMatrix Analytics

AdMatrix Analytics

https://chrome.google.com/webstore/detail/admatrix-analytics/flelcckedladbpaemccaajnnnaobhplb?hl=ja

自分の運営しているWebサイトやブログ内で、SEOに特に関連があるとされるTitle、Metaタグ、Hタグなどを素早くチェックすることができます。
「サマリー」「テキスト量・出現率」「被リンク」などを、タブのワンクリックで見ることができ、サイトやブログで不足しがちな部分が即座に理解できます。
修正しなくてはならない箇所も明確にわかりますので、入れておいて損のないアドオンです。
詳細なチェックをする時間はないけれど、日々のちょっとした確認は必要、といった時に利便性の高いものです。

 

いつでも追加・削除できるのがアドオンのよさ

これら「便利なアドオン12種」を導入すれば、使い勝手はよいけれど何だかそっけないChromeが見違えるほどになります。
毎日手にするマウスの使い心地から、タブや履歴の管理、サイトがどのように見えるのかの確認に至るまで、Chromeのアドオンでカバーできるのです。

アドオンの管理はとても簡単。
該当URLから「+無料」をクリックするだけでOK。
また、「これはいらないな」と感じるアドオンは削除してください。
ツールバーからChrome メニューを開き、ツール→拡張機能→削除したいアドオン横のごみ箱マークをクリックするだけで完了です。

数あるアドオンの中から自分に合ったものを探し、自由に試せるのもChromeアドオンの良さ。
日々の作業にジャストフィットのアドオン探しも、大事な仕事かもしれません。