【保存版】SEO内部対策|集客効果を劇的に高める為の15の施策

SEO内部対策

Googleは頻繁にアルゴリズムを更新しており毎日のように様々なクエリで検索ランキングが変動している。検索ランキングが変動するということは、順位が上がるサイトもあれば下がるサイトが当然出てくるということになる。

順位を上げて逆に順位を下げるサイトの違いはご存知のようにコンテンツの質と比例するといっていいだろう。良質なコンテンツを継続的に投稿していくことでサイト全体の価値が高まり徐々に検索エンジン順位が上昇する。また、良質なコンテンツは投稿したらSNSで拡散されやすくナチュラルリンクを獲得することにつながる。

しかし、コンテンツが重要なのはもちろんだが同時にSEOの内部対策にも気を配る必要がある。しっかりとSEOの内部対策が施されたサイトは適切に評価してもらえるため上位表示しやすくなる。逆にSEO内部対策が無視されたサイトに良質なコンテンツを投稿しても効果は薄れてしまうだろう。

内部対策を改めただけで検索流入が大きく向上したという事例をこれまで多数見てきた。

そこで、今回はSEO内部対策における実施した方がいい施策として15挙げる。

WEBサイト運営者には是非目を通してもらいたい。

 

1.SEO内部対策の必要性

そもそも何の為にSEO内部対策を実施する必要があるのかというと

  • Googleにサイトの存在を知ってもらう
  • サイトの隅々まで適切に評価してもらう

事である。

 

あるページはインデックスされて上位表示されるけど、あるページはインデックスすらされない事はないだろうか。それはGoogleにサイトの隅々まで適切に評価してもらえていない証拠である。

サイトの存在を知ってもらいすみずみまで適切に評価してもらえるまでのプロセスとしてクローラー(※Googleの検索エンジンロボット)を呼び込み、クローラーに対してサイトの隅々までスムーズに回ってもらう必要がある。

クローラーを呼び込むための施策についてはSEO外部対策に当たる為、今回は省かせていただく。ここでは、クローラーにサイトのすみずみまで回ってもらうための具体的な方法をご紹介する。

ちなみにここから紹介する内容は良質なコンテンツを上位表示させる為の前提なので1つ1つ漏れなくチェックしよう。

 

2.SEO内部対策における要実施項目

ここから紹介する項目はSEO内部対策において必須で重要なことだ。見落としてる項目があれば欠かさず実行しよう。ここで紹介する項目さえ押さえれば良質なコンテンツさえ投稿できていれば検索順位は上昇する事となる。

 

2-1.タイトル内にSEOキーワードを含める

どの項目よりも最も重要です。タイトル内にキーワードがない場合には他に強豪がない場合を除いて上位表示することはまず無いでしょう。

また、キーワードは2~3語を先頭に近い位置からなるべく近接させながら配置することで、より適切に検索エンジンにヒットします。

例えば、「美味しい 寿司 銀座」というキーワードで上位表示を狙いたい場合のOK例とNG例をご紹介します。

OK) 美味しい寿司を銀座でお探しなら○○へ|職人が握る美味しいお寿司をお手軽に

NG) 職人が握る美味しいお寿司をお手軽に食べたいなら銀座の○○へ

OK例の場合先頭から「美味しい 寿司 銀座」というキーワードが近接しながら配置されているので狙い通りのキーワードで上位表示される確率が高くなります。しかし、NG例の場合ですと、真ん中や後ろに分散されてしまっているためGoogleは関連ワードを上手く理解できない可能性が高いです。

 

2-2.h1タグにもキーワードを入れる

h1タグもタイトルと同様に検索上位表示において重要な要素となる。h1タグにキーワードを挿入することはもはや前提として捉えよう。

 

2-3.見出しタグの最適化

h2~h4タグといった見出しに用いられるタグは検索ユーザー、クローラーに対して文章構造を明確にし見やすくするために使われる。誰でも見出しが一切使われていない本など読みたくないはずだ。それと同様にWEBコンテンツでも同じことが言える。

また、これがめちゃくちゃな順番で使われている場合には評価を落とす要因となるため、h1⇒h2⇒h3⇒h4・・・と適切な順番で用いるようにしよう。

 

2-4.1ページ1テーマを原則とする

書きたいことがたくさんあるからといって1つのページ内に色々な事を書かないようにしよう。原則は1ページ1テーマである。1つのページ内にあれもこれもと書かれているようなコンテンツは結局どのテーマ(キーワード)においても上位表示することはない。

例えば、このページ内でFacebookページの作り方や運用方法、記事の外注の仕方などを書いても興味は沸かないはずだ。(「SEO内部対策」のキーワードで記事を書いている為)

1ページ1テーマで徹底的に良いコンテンツを目指して作り上げよう。

 

2-5.各ページにユニークのmeta記述を

面倒だからといって各ページのmeta情報(keywords,description)を全て統一していませんでしょうか。これはSEO内部対策において大きなミスで、検索順位に影響を及ぼします。meta情報は順位を上げる要素ではありませんが、しっかり対策しないとマイナス要素となってしまうため注意が必要です。

必ず、各ページにユニークの記述を行いましょう。もし手が回らないようであれば本文の先頭から120字程度を自動的に読み込むように記述しよう。

 

2-6.画像の最適化

検索エンジンは画像を人間のように判別することはできない。その代わり、画像のファイル名やaltタグで大まかな内容を判別しようとする。

画像のファイル名はできる限り、「1.jpeg」「a-sample.png」とせずに内容を表すファイル名とし、altgタグも空欄にせず画像を表す言葉を素直に入力しよう。キーワードの意図的な挿入のしすぎはむしろペナルティ対象となるため注意が必要だ。

 

2-7.TOPから2クリック以内に全ページを訪問できるようにする

クローラーはめんどくさがりだと覚えておこう。TOPページからクリック数が多い場合にはインデックスすらしてもらえない場合がある。特に上位表示をしたいと考えているぺーじであればなおさらTOPから2クリック以内に収まるようにしよう。

 

2-8.パンくずリストの設置

パンくずリストはユーザー、クローラーに対して現在見ているページの位置を現す重要なもの。結果としてクローラーが迷わずに回遊してくれるようになるため未設置であれば必ず設置しよう。

 

2-9.内部リンクの最適化

サイト内の関連するページ同士は積極的にリンクを送り合おう。インデックスされて上位表示しているページからインデックスされていないページにリンクを送るだけでクローラーが回って徐々に検索エンジンの順位が上がる。ページ内の記事下に関連記事へのリンクを設置するのも有効だろう。

リンクを送る場合は「こちら」「このページ」ではなくて、送り先のコンテンツの関連するキーワードを含めた形で送るようにしよう。例えば、「内部リンク最適化について」のようにだ。

しかし、ユーザーを惑わすような内部リンクは送ってはならない。全く関係のないページ同士でリンクを送り合ってもユーザーはいらいらして直ぐに立ち去ってしまうだろう。必ず関連し合うページ同士に止める必要がある。

 

2-10.発リンク数の最適化

発リンクというのはページから発するリンクの数のことであるが、この数が多すぎると、そのページの評価が下がってしまう。目安としてだが、内部へのリンクと外部へのリンクの合計は100以内に抑えるようにしよう。

 

2-11.ナビゲーションバーのテキスト使用

ナビゲーションバーを画像化していないだろうか。確かにナビゲーションバーは目立つ位置にある為、画像化することで見栄えが良くなるのは確かだが、Googleは画像を人間のように読み込むことが困難なためテキストを使用するべきである。

また、テキストにはサイトと関連の深いキーワードを盛り込むことで、サイト全体の狙いたいキーワードに対する評価が高まる。

 

2-12.ページネーションを数字テキストで記述する

ページネーションについてもナビゲーションバーと同様に画像ではなくてテキストの数字を用いる必要がある。数字にすることで、そのページが何ページ目なのかを知らせることになるしクローラーの精度も増すことになる。

また、2ページ目以降はnoindex処理を行いクローラーに対して「インデックス不要」と伝えることでタグやカテゴリページ等と被ることが無くなりサイトの評価を下落させる要因を回避できるため試してみて欲しい。

Googleは重複コンテンツを嫌い評価を下げる。WordPressはSEO上有利ではあるが、構造上どうしてもページ同士が重複してしまいがちなので予め重複してしまいがちな2ページ目以降とタグページをnoindexとすることで防ぐことが可能だ。カテゴリページはSEOキーワードを含めて検索流入を狙いたいページなのでインデックスさせて良い。

 

2-13.重複ページの解消(補足)

上記項目で解説したようにGoogleは重複コンテンツを嫌うため(ユーザーも嫌う)、被りやすいページは予めnoindexにすると良いと解説した。

更に気をつけたい点が「wwwあり」「wwwなし」でどちらでも表示される場合、それは同じページがWEB上に2つ存在してしまっていることになる為、使用しないドメインから使用するドメインへ301リダイレクトを行うようにしよう。

重複ページはユーザーにとってもクローラーにとっても嫌われる存在だ。

 

2-14.リンク切れ

リンクを送った先がリンク切れ(内部・外部問わず)になっていないだろうか。リンク切れもまた同様に評価を上げる要因ではないが評価を下げる要因となり得る。

面倒がらずに定期的にチェックを行いリンク先のリンク切れを回避しよう。SEO内部対策は地道な作業の積み重ねでもある。

 

2-15.不適切な広告

コンテンツとは関連しない無駄な広告はユーザーにとって大きな妨げとなる。同時にGoogleが定める「品質に関するガイドライン」にも違反することになるため、評価を大きく落とす要因となる。最悪の場合インデックスが削除され表示すらされないこともあるので過剰な広告、関連性のない広告、ユーザーを騙す行為は行わないようにしたい。

 

SEO内部対策×良質なコンテンツ=最強のSEO

SEO内部対策について15項目触れてきたが、いかがだっただろうか。

コンテンツを適切に評価してもらうためのSEO内部対策について解説した。良質なコンテンツをいくら投稿したって人の目、クローラーの目に触れなければ評価すらされようがない。その為の前提としてSEO内部対策が必要であることを覚えていただきたい。

こうしたテクニックももちろん大事であるが、最終的にはコンテンツの質がランキングを左右する。良質なコンテンツが一番のSEO内部対策と言えるだろう。

検索ユーザーの検索意図を汲み取り最適なコンテンツを提供してあげるという一番大切なことは忘れてはならない。