有名Web接客ツール10社を比較!導入のメリット・デメリットとは

img_web_tool_merit_demerit

離脱率が高く、コンバージョン率が低いサイトを抱え、簡単にコンバージョンを改善できる方法はないだろうか…と悩んでいるWeb担当者も多いのではないでしょうか。

多くの会社が同じ様な悩みを抱えています。そのため、コンバージョンを改善するツールである「Web接客ツール」が最近注目を集めています。Web接客ツールを導入したことで、離脱率が大幅に改善されたという声もあります。

今回は、悩めるWeb担当者の方に向けてコンバージョンを高めるWeb接客ツールのメリット・デメリットとおすすめのツールを10個ご紹介します。

Web接客ツールとは

Web接客ツールとは、サイトに訪問したユーザーにWeb上で接客できるツールです。Web接客ツールには大きく分けて「バナー型」と「チャット型」の2つがあります。

バナー型とは、画面の右下や上部、中央にバナーを表示する機能です。ユーザーの行動履歴に基づいてバナーの種類が変更され、サイトに興味を持たせることができます。

チャット型とは、画面の右下にチャット画面が表示される機能です。サイトに訪問したユーザーとチャットを介して交流することができます。ここ最近、このチャット側ツールは徐々に見かけるようになってきました。購入を考えているユーザーに対して、実店舗で接客するかのようにコミュニケーションをとることができます。

Web接客ツールを導入するメリット

近年、このようなWeb接客ツールの導入が進んでいる背景には、広告費の増大があります。数年前に比べて、グーグルやヤフーにリスティング広告を出す費用が高騰してきました。広告によって訪れるユーザーの数は変わらないにも関わらず、一人当たりの広告費用は高くなってしまっているのです。結果的に、広告費用が負担になり利益率も下がってしまいます。

そこで注目を集めたのがWeb接客ツールです。サイト訪問者に注目してもらい、もしくはコミュニケーションをとることで、離脱率を低めコンバージョンを高めました。

また、チャットツールを導入することで、サイトの信頼性も高まります。Web集客に悩んでいたサイトは、Web接客ツールを導入したことでコンバージョン率が15%アップしたこともあります。

Web接客ツールを導入するデメリット

一方、デメリットというと、ツールによっては導入の費用がかかることです。また、チャットツールの場合は、チャットに対応するオペレーターが必要になる場合があります。

Web接客ツールの導入に向いているサイト

Web接客ツールの導入は、次のようなサイトが向いています。

  • アフィリエイトサイト
  • ウェディングや住宅など時間をかけて商品を選ぶ業界
  • アパレルなどのECサイト

それでは以上のことを踏まえ、おすすめのWeb接客ツールを10個ご紹介します。

有名Web接客ツール10選

国内外のサイトからおすすめのサービスをご紹介します。

1. KARATE(カルテ)

image6

https://karte.io/

特徴

  • 独自の技術でユーザーを分析して正しい広告を打つことができる
  • チャット機能あり
  • LineやFacebookと連携してメッセージを送ることができる

サービス内容

ユーザーの分析に力を入れているWeb接客ツール「KARATE」。訪問したユーザーの購買履歴、閲覧履歴、SNS情報、利用デバイスなどのデータを可視化することができます。Webショップに訪れる人は、一人ひとり訪問回数や要望が異なります。実店舗で一人ひとり対応が違うように、ネットショップでもそれぞれの要望に合わせて個別に対応することが大切です。言い換えれば、全員に対して同じ接客をしているのが今のネットショップの実態ということです。

KARATEを使えば、一人ひとりの細かいデータを分析して、広告やチャット機能を使い個別に対応できます。

導入費用

¥98,000/1ヶ月

2. Flipdesk(フリップデスク)

image8

https://flipdesk.jp/

特徴

  • 楽天、リクナビNEXT、Shop Japan、DODA、東急ハンズなど大手で導入実績あり
  • サイト訪問者を自動で分析(滞在時間、訪問回数など)
  • メッセージ、バナー、クーポン、チャット機能あり

サービス内容

今では様々なWeb接客ツールがありますが、Flipdeskは先駆け的な存在です。2014年にサービスを開始してから、大手企業を含めた500社1000以上のサイトに導入実績があります。安定したサービスや素早いレスポンスなど、クライアントの信頼を勝ち取るだけ質の高さがあります。

また、運用の代行やコンサルティングをおこなっているので、Web接客ツールの導入から運用まで依頼することも可能です。

導入費用

¥5,000円/1ヶ月

3. VePlatform(ヴィープラットフォーム)

image7

https://commerce-star.com/cartstar/special/veplatform/

特徴

  • キャンペーン、クーポン、レコメンド機能あり
  • 離脱したユーザーにメール配信ができる
  • 世界で10,000社以上が利用する巨大プラットフォーム

サービス内容

VePlatformは、世界中で10,000社に導入されているWeb接客ツールです。ユーザーを分析して適切なバナーを出せるという機能は他のサービスと同じですが、サイトを離脱するユーザーに対して画面上に大きなポップアップを出したり、お問い合わせのフォーマットにメールアドレスを入れならも購入しなかったユーザーにメールをだしたり、オリジナル機能が多く付いています。

導入費用

無料プランあり

4. Zendesk Chat(ゼンデスクチャット)

image10

https://www.zendesk.co.jp/chat/

特徴

  • ライブチャット機能
  • チャットが途切れても再度同じところから会話できる
  • サイト訪問者の情報を蓄積可能

サービス内容

Zendesk Chatは、チャット機能に特化したWeb接客ツールです。どんなデバイスでも関わらず、チャット機能が使えます。また、複数の顧客と同時にチャットで会話も可能です。

導入費用

無料プランあり

5. Olark(オラーク)

image9

https://www.olark.com/

特徴

  • GoogleアナリティクスやZendeskと同期できる
  • チャット機能あり
  • ユーザーの行動をリアルタイムで監視できる

サービス内容

Olarkはチャット機能に特化したサービスです。ユーザーの情報を分析して、ユーザーがどのページを見て、何を購入しようとしているのかリアルタイムで監視することができます。そのため、絶妙なタイミングで話しかけることができ、コンバージョンを高めることができます。

導入費用

$17/1ヶ月

6. Chamo(チャモ)

image2

http://chamo-chat.com/

特徴

  • 純国産のチャットサービス
  • 2,400社以上に導入済み
  • 自動話しかけ機能

サービス内容

Chamoは、純国産のチャットサービスです。他のチャットサービスと異なる点は、自動応対機能に力を入れているところです。ユーザーからの質問の70%は定型の質問のため、あらかじめ答えを用意しておくことが可能です。また、LineやFacebookと連携ができ、サービスも5分で導入できます。何より、自動話しかけ機能が大きな役割を果たし、コンバージョンの改善につながります。

導入費用

¥6,980/1ヶ月

7. Zen Clerk(ゼンクラーク)

image1

https://www.zenclerk.com/

特徴

  • 人口知能が購入を迷っている人にクーポンを発行
  • 0.03秒に一回ユーザーデータを収集・解析
  • 様々なECジャンルのクライアントを抱えている

サービスの内容

ZenClarkは、迷っている人だけにクーポンを発行できるWeb接客ツールです。ユーザーの行動を人工知能が把握し、ある一定の条件になった場合、クーポン画面が表示される仕組みです。チャット機能はありませんが、悩んでいる人だけにクーポンを出すことでコンバージョンを高めることができます。

導入費用

成果報酬型

8. ecコンシェル

image4

https://ec-concier.com/

特徴

  • 人口知能がABテストを実施
  • バナーのデザインも人口知能が対応
  • 人工知能がおすすめ商品を提案

サービスの内容

ドコモが提供するサービスの一つ。人工知能がユーザーのニーズを把握して自動でクーポンやキャンペーンの紹介をおこなうことができます。チャット機能はありません。

導入費用

無料プランあり

9.snap engage

image3

https://snapengage.com/

特徴

  • 海外発のチャットツール
  • 自動返信機能
  • チャット対応する人の顔が表示される

サービスの内容

snap engageはチャット機能に特化した海外のサービスです。自動返信機能やチャット対応する人の写真が表示される機能など、ユーザーから注目を集める機能が多々ついています。まだ、日本語専用のWebサイトはありません。

導入費用

$60/1ヶ月

10. Proactive AI(プロアクティブAI)

image5

https://proactiveai.io/

特徴

  • ユーザーが離脱する前に自動で話しかけます
  • よくある問い合わせに自動返信
  • 自然言語で商品検索ができる

サービスの内容

チャットボット型接客ツールのProactive AIは、AIを使った自動返信機能が特徴です。ユーザーの行動を監視し、最適な場面で話しかけます。また、「ジャケット」のようなキーワード検索ではなく」「職場用のジャッケットが欲しい」と言った話し言葉で検索することができます。

導入費用

¥64,000円/1ヶ月

まとめ

以上、おすすめのWeb接客ツールを10個ご紹介しました。自分のサイトにあったツールはありましたでしょうか?種類を大きく分けると、チャット型、バナーチャット型、AIを用いたチャットツールの3つに分けられます。

また、自動返信機能が必要かどうかも大きなポイントです。いずれも、ユーザーの離脱率を改善し、コンバージョンを高めてくれるでしょう。