Facebookのエッジランク―3つのポイントとその共通点

Facebookのエッジランク

ここ数年で、「本サイト」を運営しつつ、Facebookやその他のSNSを活用して本サイトへアクセスを相乗的に増加させようとする手法が多様化している。

これだけ一般的に認知され、利用者数も多いFacebookだから、当然利用しない手はない。
中には、自分個人のアカウントと会社のアカウント、更にはサービスブランディング用アカウントなど複数を使い分ける人もいることから、それぞれの立場やアカウントの性質に合わせた情報提供ができるということにも繋がっている。

単に「読み手」としてしか利用していないのであれば別だが、積極的にFacebookをビジネスに取り入れようとする時に避けて通れないのが「エッジランク」の理念だ。

このエッジランクの仕掛けと、それを理解した上で取り組んだ際の効果の確認方法を考えてみたいと思う。

 

1.エッジランクとは

自分自身のFacebookアカウントを使用し、ログインしてすぐに表れる画面を「ニュースフィード」と呼ぶ。
友人や、「いいね!」した特定の企業やサービス提供会社の新規投稿が時系列的に見えているはずだ。
一見、それぞれの投稿が単に「時系列」で並んでいる―流れてゆくように見えてはいるが、実はそれらの投稿すべてがこのニュースフィードに表示されている訳ではない。

Facebook側では、このニュースフィードをある程度コントロールしているという。
今見ているその人と、「いいね!」したファンページとの関係性を観察されているのだ。
「この人にはこの情報が必要だろう」と判断したものをニュースフィードに流しているのだ。

 

2.エッジランクのコントロール法

では、このエッジランクをどのように上げてゆくことができるのだろうか。
一般的にエッジランクを上げるための方法として認知されているものをピックアップして行く。
大きく3つがこれに当たると認識されている。

2-1.Affinity Score(親密度)

まずは「新密度」が挙げられる。
「いいね!」してくれたり、「コメント」をくれたり、「メッセージ」を送ってくれた人には、是非とも何らかのアクションによるお返しを心掛けたい。
一方的にアクションを受けるだけではNGで、こちらからもコメントを返したり、問い合わせなどのメッセージへの返信を行うのだ。
これにより、新密度をFacebook側に認知してもらうようにする。

この双方のアクションは、単にFacebook側に親密だと認知されるだけでなく、見てくれている人(いいね!してくれた人)のフレンドの「お知らせ欄」に表示されることにもつながり、時にこのお知らせ欄を見て、類似の興味を持つ人の目に触れることにもなる。
こういった意味でも、「いいね!」「コメント」などへのお返しは重要なのだ。

 

2-2. Weight(重み)

先のAffinity Score(親密度)に関しては「いいね!」や「コメント」を待つ必要があるが、この「Weight(重み)」に関してはこちら側(投稿する側)である程度のコントロールができる。
投稿回数を増やすことがこの重みを大きく左右するのだ。

だが、単に投稿回数を増やせばよいというものでもない。
ここでも、先に挙げた「いいね!」や「コメント」が増えれば増えるほど重みが増す仕組みだからだ。
よって、投稿回数だけでなく、その投稿内容の質も問われることになる。
読者にとって為になる事、他の人に教えてあげたくなるような内容でなくてはならない。

だが、あまり長文であることはよろしくない。
なぜなら、「もっと見る」をクリックしなければ伝えたいことが伝わらないようでは、読み手側のアクションが減ってしまうからだ。
そのため、本サイトでじっくり読んでもらいたい本文の「見出し部分」をコンパクトにまとめたものがよいとされる。
文字数としては、40文字程度が最適だろう。
テレビCMの「続きはWEBで」という、あのイメージだ。

 

投稿の時間も、その商品やサービスが狙いを定めたターゲット層が一番活動していると思われる時間帯に行うべきだ。
自身もFacebookユーザーであればご存知の通り、1時間も見ていなければ、かなりの量のコンテンツがニュースフィードを通過してしまっており、つい読み逃してしまっているものもあるはずだ。
例えば、「自宅で育児をしているお母さん」がターゲットであれば、子どもたちがお昼寝をしているであろう午後2~3時あたりを狙うのがよい。
また、ビジネスマンに知ってもらいたい情報を発信したいのであれば、夜遅くがよいかもしれない。
会社から自宅に戻り、ネットを自由に閲覧できるようになる時間帯を待つのがベストだろう。

ちなみに、Facebookでの投稿の「賞味期限」(≒ニュースフィードに表示され、見てもらえる時間)は、そのユーザーにもよるが、約3時間と言われている。

 

2-3.Time(時間経過)

この「Time(時間経過)」には、二つの要素がある。
投稿した時間と、「いいね!」「コメント」などのアクションが起こされた時間との面だ。
投稿してすぐであれば、その情報の鮮度が良いことは誰にでもわかる。

だが、意外に古い投稿がニュースフィードに浮上していることを経験したことはないだろうか。
これは、誰かが古い投稿に「いいね!」したかコメントしたかなどのアクションを起こしたことから起こる現象だ。
これはつまり、古い投稿が「賞味期限が切れてしまって完全に役目を終えたものでもない」こと指し示している。
内容の濃い、読みがいのある文章を用意しておけば、例え古い投稿であっても、ファンページを再訪した人が改めて読み直してくれていることを表しているのだ。

時間がある時は、単にニュースフィードを流れてくる情報を読むだけでなく、過去に「いいね!」したファンページをおさらいする人も少なくないのだ。
こういう、本当のファンを大事にするためにも、質の良い記事の準備と、アクションに対してのお礼(コメントを返すなど)をしておく必要がある。

 

3つの面には綿密な関係があった

Facebookのエッジランクには

  1. Affinity Score(親密度)
    投稿側と読み手との間に「いいね!」「コメント」などのアクションが生じたならば、それは新密度として認識される
  2.  Weight(重み)
    投稿回数も大事。
    だが、それに対する読み手のアクションも重要視される。
    読みやすく、アクションしやすい内容を投稿すべき。
  3. Time(時間経過)
    投稿してからの経過時間、「いいね!」などの読み手のアクションからの経過時間がカウントされている。

という3つの側面が大きく影響するとされている。

 

このいずれを見てみても、やはり、「読み手に取ってどれだけ価値のある内容か」「アクションしやすい内容か」という質の問題が存在することがわかる。
全てに共通しているのは、記事の質と断言してよいだろう。

「これはあの人に教えてあげたいからシェアしよう」「共感できたからいいね!しよう」「問い合わせしたいからコメントしよう」といった、読み手の何らかの動きを引き出すコンテンツの用意が必須事項なのだ。

 

本サイトへの誘導に有効なFacebook、これを利用しない手はない。
そのためにも、サイト側に充分な読み応えのある、ついつい人に話したくなるような共感を得るコンテンツを準備しよう。
上記のポイントは、裏を返せば「Facebookページを作ればそれでよし」ではないことが解る。
ファンページは単なる仕掛けであり、本サイトへの誘導のための手段だ。

だが、このFacebook側の認識の仕方を理解した上で利用すれば、莫大な費用を掛けずともファンを増やすことができる。
これらの「認識の仕方」を熟知した上で取り組んで欲しいのだ。

いいね!したくなる記事、シェアしたくなる記事、コメントしたくなる記事…それらを手元に準備して、Facebookのページに「つい開きたくなる40文字」と「本サイトのURL」を投稿しよう。