女性の共感を生む!美容記事をライティングする時のコツを伝授します

beauty-writing01

女性向けキュレーションメディアが増えるに従って、美容に関する記事も増えつつある昨今。記事内容が正確なことも大事ですが、読者がどんな記事を読みたいかを察知する力もライティングには必要です。読者の支持を得る記事を書く段取りとコツを伝授します。

view数アップ!人気の出る美容記事を書くには

beauty-writing02

キレイになりたい!女性のそんな気持ちを大切に

美容には興味があまりないという女性もいるかもしれませんが、大半の女性はより良いお手入れ方法や、より美しく見えるメイクアップ方法を知ることで、今よりもっとキレイな自分になりたいと思っているものではないでしょうか。または肌や髪、爪のどこかにコンプレックスを抱えていて、少しでもそれを改善したいと思っている女性も少なくないかもしれません。

そのような女性に向けて書く美容記事のライティングにおいて大切なのは、記事が役に立ったと感じさせられるかどうかです。そのためには包括的な内容よりも、深堀りした記事の方が刺さり、役に立った印象を与えると言えます。そのためにもトピックが散らかった印象にならないよう、ライティングを開始する前に情報を整理しておきましょう。

もちろん記事を読んだだけでキレイになったり、悩みが瞬時に消え去るものではありません。でも、まずはキレイになりたいという女性の気持ちを刺激することを目標に記事を書いてみましょう。更には記事に書いてある美容法を実践してもらえたり、もっと詳しく調べようと検索してもらえれば上出来です。このように読者に何かしらのアクションを起こさせることができたら、記事の目的は達せされたと言えるかもしれません。そうした記事は口コミで支持され、view数にも反映するはずです。

読者のコンプレックスに寄り添おう

より良いお手入れ方法や、より美しくなるためのメイクアップ方法のヒントを求めている人は、多かれ少なかれコンプレックスがあることが多いものです。肌がかさついていれば潤いをアップさせる方法を、髪が乾燥していればしっとりさせる方法を、一重まぶたをぱっちりした印象にしたいとなればアイメイクのコツを知りたいと思う女性は多いはず。こうした女性のコンプレックスに寄り添うことで、共感してもらえる記事を書くことができることでしょう。

美容記事のライティング内容は、ライターが美容の専門家でない限り、ライターかクライアント側で調査した内容をまとめたものが基本となります。それを深堀りした内容にすることで、より良い記事にしていきましょう。どこを掘るかの判断は、クライアントから指示がなければ季節に沿った部分にするのも一案です。例えば冬が近づいていたら大多数の人が感じる乾燥対策を、夏になったら汗や臭い対策などを取り上げれば、目にとめてもらいやすくなるでしょう。

また、美容界の傾向を絶えずチェックすることも必要です。記事に注目してもらうためには、話題の美容法や成分ネタを導入部分に持ってくるというテクニックが、功を奏することも。あと、ファッションや映画などのカルチャーの影響で、美容の流行が生まれることもあります。古くはマドンナなどハリウッドセレブが始めたことでブームになったヨガや、ここ数年海外で話題になっていることから、日本にも波及したジュースクレンズなど。たくさんあるトピックの中から何を選ぶところから、ライティングは始まっているのです。

読みやすい文章には流れるような構成が

美容記事の目的は、読者に内容が役に立つと思ってもらうことが一番ですが、記事が読みにくいと読者の離脱を招いてしまいがち。読みやすく、興味が持続する文章を書くには、ある程度事前の準備が必要です。

まずは構成を決めて、内容があちらこちらへと飛ばずないようにすること。そのためには最初にタイトルと見出しを決め、それに沿って執筆していきテーマがぶれないように気をつけましょう。書き進めながら、タイトルや見出しから逸脱した内容になっていないか、常にチェックを怠らないことも大切です。

加えて流れるように自然な文章構成は読みやすく、読む側にストレスを与えません。映画で言えばラストでカタルシスが得られる作品は、得てして支持を得られやすいのと同じこと。もちろんわざとすべての問題を解決せずに余韻を残したり、視聴者に考えさせるためセリフですべてを説明しないというテクニックもありますが、不特定多数を相手にする大作ではやはり王道のセオリーに沿って作られているものです。ライティングも同様で、大多数の支持を得られるよう、読みやすい構成を心掛けるべきでしょう。

旬のトピック、話題の商品を選ぶ

beauty-writing03

ライターであるあなたが一読者として美容記事を読む時、何がきっかけでその記事を選んでいるでしょうか?自分が常日頃気になっているトピックが、やはり目にとまりやすいのではないでしょうか。となると大多数の人が気にしている旬のトピックとは何か、同様のジャンルのサイトを見て下調べしておくことも必要と言えるのです。

加えて人は流行の商品や、話題になっている事柄についてもっと知りたいと思うもの。つまりview数を多く得るためのライティングには、ある程度流行を意識することも必要です。目にとめてもらいやすい記事は、何かしらキャッチーで話題性があるものです。世間で何が話題になっているのかチェックするには、関連性のある情報サイトをチェックするだけではなく、ニュースサイトなども見るようにしてみましょう。一見関係ないように見えるサイトにも、ヒントは転がっているものです。

説明だけで終わっていない?メリハリをつけるために説得力も

beauty-writing04

読者の求める回答が得られる記事が良記事

美容記事は医療記事と同様、間違った情報によって健康被害が出ることもあるジャンルですので、不正確だったり裏付けのとれないデータを、そのまま載せることは禁物です。それを回避するためには効果を断定せず、こういう意見もある、こういうデータもあるといった掲載の仕方を心がけましょう。

とはいえ持ってまわった言い回しを多用していると、薄ぼんやりした印象の記事となり、読者は求めている回答がここにはないと判断してしまいがち。また、正確さを出そうとデータをふんだんに載せ過ぎたり、説明が長くなり過ぎても、読者は飽きてしまいます。捏造や思い込みは禁物とはいえ、読んで楽しく、実行することでもっと良い自分になれるという期待感が感じられることが重要です。レポートや報告書ではないのですから、あくまで記事であることを意識したライティングを。

自分が自分の記事のファンになることを目指して

自分が記事を書いているうちに、そのトピックに関して興味を持つようになったことはありませんか?その美容方法を実行したり、関連商品を購入してしまったといったケースは、ライティングをしているとあることかと思います。これは自分の記事が自分という読者を行動に駆り立てたという意味では、優れた内容であったと言える証拠であり、喜んでいいことなのです。このように、自分の記事に対して自分が影響を受けるぐらいのライティングを目指したいものですね。

また、記事を推敲する際には、内容の正確さももちろんのこと、人の気持ちを動かす内容を持っているか、読者の目となって読んでみましょう。いったん執筆が終わったら時間をおいてから推敲する、PCで執筆している人は別の端末で読んでみるといったアイディアもお勧めです。

女性が支持する美容記事の特徴とは

美容記事は読者が読んでいるうちに離脱しないよう、過剰な努力が必要、手順が複雑、お金がかかるといった、上から目線の記事内容にならないように気をつけましょう。