誰でもデキる!ついついクリックしてしまう魅力的なタイトルの作り方

charming-title01

読者がGoogleなどで検索をして、実際に読む記事を選ぶ方法はまずタイトルです。タイトルが自分の探している内容と一致している事、またわかりやすい事が必須でしょう。タイトルをみてどんな内容かわからない記事はわざわざ見てはくれません。

今回は読者が思わずクリックしてしまうようなタイトルの付け方をご紹介します。

クリックをしてくれるタイトルの文字数

charming-title01

理想的な文字数

理想的なタイトルの文字数は32文字といわれます。それはGoogleで検索をすると、32文字を超えると全ての文字が表示されないのです。検索をした時どのページを見るかはほとんどタイトルで決めると思います。

Googleなどで検索をされた時、タイトルを見てもらって何の事が書いてあるかわかってもらう必要があるのです。

キーワードを入れるべきか

タイトルにはキーワードを入れる必要があります。ネットで検索する人はタイトルだけを見てどのページを見るか選びます。キーワードがなければ何の事に関して書いてあるサイトかわからないので、キーワードは必須です。そしてタイトルにキーワードを入れる事によって、SEO対策にもなります。キーワードはひとつではなく、複数入れる事をおすすめします。

1つのキーワードであれば何千、何万とヒットする事があっても、複数のキーワードを入れる事により随分絞られます。検索をしている人にとっても内容が絞られた方がその記事を読んでみようという事につながります。

スモールワードを使う

charming-title02

スモールワードとはSEO関連の用語になります。他にはビックワードやミドルワードがあります。大きな分類がビックワードで狙っているサイト数が多いので、競争率が激しいのですが、ニーズにもとづきキーワードしぼっていくことで、ミドルワード、スモールワードとなり競争率が低くなっていきます。より具体的な内容という事です。

スモールワードを使ってより具体的な内容にしましょう。例えばエリア外国という言葉よりもハワイ、さらにワイキキビーチと言った方が読者の探しているものと一致しますし、他に同じ事を書いているサイトが一気に減ります。確かにビックワードを使って上位に入れば検索数も多くなり相当な閲覧数になると思いますが、かなり難しいです。

具体的な数字を使う

具体的な数字を使ったほうが、読者にとってはイメージがわきやすいです。「ダイエットをして痩せました。」よりも「ダイエットをして1週間で5kg痩せました。」の方が読者は読みたいと思うでしょう。

「満足度100%」と書かれるよりも「満足度93%」と書かれた方がリアルな感じがしませんか?

間違った数字であれば逆効果になりますが、きちんと調べて根拠があるのであれば是非タイトルに載せてください。

根拠がある数字は信頼性が高くなります。また本文中にその根拠や理由を書く必要があります。読者を集めたいだけに書いたタイトルではないという事を伝える事が大切です。

記事の内容と一致させる

折角興味を惹くようなタイトルを作ったとしても、記事の内容と違っていれば何の意味もなくなります。タイトルと記事の内容は一致させるようにしてください。

またタイトルで書いた理由や根拠をしっかりと書いた文章であれば、信頼性が高くなりより多くの人に読んでもらえるでしょう。

わかりやすい言葉を使う

charming-title03

英語名のものならカタカナを使う

英語の名前のものを題材にする時は、カタカナで表記するようにしてください。英語が堪能な方であればアルファベットで調べるかもしれませんが、ほとんどの人がカタカナで検索すると思います。検索してもらえる可能性をあげるという事です。

ただiPhoneなど正式な商品名が英語の場合は、英語を使っても良いでしょう。

商品名は正しい表記を

商品名は必ず正しい表記をするようにしてください。たとえばiPhoneをIPHONEのように書かないでください。googleなどで検索してもでてこなくなりますし、信頼性を失う事もあります。商品の名前すらあっていないのに、記事の内容があっているとは思ってもらえません。記事は正確な事を伝える事が大切です。

読者の興味を誘うワードを使う

読者の興味を誘うようなタイトルにするような工夫が必要です。たとえば読者が若い女性でがメインなのであれば「ダイエットしたい人におすすめの食品ベスト10」「ダイエットし続けた方法が1か月に5kgのダイエットに成功した方法」などわかりやすい内容が良いです。

またタイトルにキーワードが入っていると、記事の内容がイメージつきやすいです。

その為にはキーワードも独者が興味を誘うようなものにしなくてはなりません。

読者が普段使わないような言葉をいれない

逆に読者が使わない言葉は検索されません。ターゲットになる人達がどんな事に興味をもち、検索しているかを知る必要があります。また業界の人しか知らないような専門用語もご法度です。一部の人にしか検索される事はありません。

わかりやすいこと、具体的であることが大切

charming-title04

少しでも多くの人に折角書いた記事を読んでもらう為には、魅力的なタイトルな必要なのですがその前にわかりやすい内容である事が大切です。タイトルを読んでわかりにくいものはなかなか検索してもらえません。

わかりやすい言葉でさらに興味を誘うような内容であれば自然とクリックしてしまいます。

ターゲットになる人がよく検索をするようなキーワードを選ぶ事、また「ダイエットし続けた方法が1か月に5kgのダイエットに成功した方法」など具体的な数字が入ったものが良いでしょう。

ただ一点気を付けていただきたいのが、本文で理由であったり根拠になる事を説明する必要があります。タイトルがいくら魅力的でも、本文に根拠がなければ信頼性に欠けた記事となってしまいます。

またタイトルは専門的な言葉、あまり使わないような言葉は避けましょう。

できるだけ内容をしぼって、どんな事が記事に書かれているかがわかるようなタイトルにしてください。