記事の構成に迷ったら読みたい!効率よく構成を作成するための5つの手順

configuration-procedure01

解りやすい記事、読みやすい記事を書くには、執筆前にきちんと構成を作成することが大切です。適当に書き出してしまうと、何が言いたいのか解らない記事になってしまいがち。テーマを決め、タイトルと見出しを決めることで、記事がどこへ向かっていくかコントロールすることが可能なのです。効率よく構成を作る手順を守って、解りやすいライティングを心がけませんか?

構成が優れた記事=読み続けたくなる記事

configuration-procedure02

見出しのみで内容が解るような構成を作る

たとえ自分にとって役立つ内容であっても、テンポが悪い記事を読み続けるのは厳しいものです。特にネットで記事を読む場合、面白くない、読みにくいと感じたら読者はすぐに離脱してしまい、他のサイトに行ってしまいます。その数字はなんとたったの数秒。ネットの記事ならではの構成と、それを作成する手順を守って、こうした離脱を防ぎましょう。

まず読み続けたくなる記事とは、構成が優れていて飽きさせず、読者の興味を最後まで惹き続ける力を持っています。ネットのライフハック記事やまとめ記事では、タイトルの下に目次が設けてあることが多いですが、これによりどういう構成の文章なのかが一目で解るようになっています。この目次だけを読めば何についての記事なのかが解るのが、良い記事と言われつつありますので、見出しには力を入れたいもの。目次を見ることで、読む読まないの判断を読者が早い段階でできるので、親切な構成かもしれませんね。

ネットの記事はこの目次に掲載する、見出しの構成が重要です。昔作文や小論文を書く際に習った、起承転結をつけるというやり方はネットでは功を奏しません。結論は起承転結の結部分ではなく、承あたりで早めに提示することで、離脱を防げると言われています。起承転結から離れることが、今やネットの記事における優れた構成なのです。

文章をただつなげても読者を惹きつけることは難しい

また、まとまりがなくだらだらとつながる文章も、読者の離脱を招きがち。まとまりがないということは、すなわち何が書きたいのかがはっきりしていないことから起こります。テーマが解りにくい記事は、読者の知りたい情報がどこにあるのか解らない構成になってしまうことが多いのです。

読みやすい文章を書くために、まずしっかりとした構成を作りましょう。それには最初にリード文を表示し、この記事は〇〇に関する記事ですよということを宣言します。それから見出しによってどのような情報が提供されますよということを明示することで、読者にとって有益な情報を得られそうだ、読むことで得しそうだということが解るのです。

リードの面白さが読み続けてもらえるかを左右

リードが記事の内容を宣言すると書きましたが、リードを読んだ時点で、面白くなさそうと判断し離脱してしまう読者は案外多いのです。そのためこの記事は役に立ちそうだと感じさせ、キャッチーで興味を惹くリード作りが大切になるのです。

文章を失速させないためのヒント

configuration-procedure03

長い文章を書いていると、途中で勢いが失速してしまうことがあります。それを防ぐには少しずつ書き溜めるのではなく、一気に書き上げる方がよいと言われることも。長編小説のようなボリュームなら仕方はありませんが、一般的な数千字のネット記事の作成では、いちどきに書き上げる方が、文章に勢いが影響を与えるのかもしれません。

あと今まで読んだ本の中で、ボリュームはあるけれどもどんどん読み進んでしまったというものはありませんでしたか?小説でもビジネス本でも、最後まで失速しない本には共通した特徴があります。それは興味を惹き続ける力です。小説なら冒頭で事件が起こるなど、つかみになるエピソードが存在するはず。その後も起伏のあるストーリーが読者を予想もつかない場所へ連れていってくれ、ついつい読み続けることに。

こうした読み続けたくなる勢いは、文章の持つ力が発揮されている状態が作っています。ビジネス情報の場合、小説のように冒頭で問題提起をすることで、つかみを作ることができるかもしれません。例えばプレゼンがうまくいかない、営業成績が悪いなどといった自分の抱えている問題が、読むことで解決されるかもという期待を感じさせてくれるわけです。読者が我がことのように思える例をふんだんに盛り込み、失速を招かない文章を展開しましょう。

文章を構成する手順の基本

configuration-procedure04

リード・本文・結論が基本構成

ネットの記事の基本構成は、リード文があり、本文があり、結論またはまとめが最後にあるというものがほとんどかと思います。それぞれのパートで必要な手順を紹介します。

1.まずテーマを決める

タイトルを先に考えるのではなく、何についての記事なのかテーマを決めることが先。それにより、どんなタイトルにするのかが決まります。

2.タイトルの前半にキーワードを配置

ネットで記事を見つける時は、検索するとタイトルとリードの一部のみし表示されません。そのためには、記事の内容を表す単語をタイトルの前の方に配置するべき。それから多少キャッチーなタイトルにすることで、より多くのクリックを獲得できることでしょう。

3.リードで文章の内容を宣言

リードだけ読んで、この記事を読み進めるべきか読者が決めるといっても過言ではないほど、リードは重要な部分です。リードはいわば話のつかみですから、内容には興味を惹かれる単語や言い回しを取り入れ、かつコンパクトにまとめるよう構成しましょう。

4.内容が一目で解る見出しを先に作る

本文はいくらでも膨らませることができますが、だらだらとした構成にならないよう、見出しをつけて文章を区切りましょう。見出しだけではなく小見出しもつければ、全体を俯瞰した時、どんな流れで文章が進んでいくのかが解るもの。そして本文が大きなかたまりにならないよう、適度な改行を入れて読みやすくするのが親切です。

5.結論またはまとめ部分はタイトルとイコールで

結論部分は、その記事の内容を短い文章で表す役割があります。リードと違うのは、リードはこれから文章が展開するので、疑問や提案を投げかけていることが多いこと。いずれもあまり長々と書かず、こういうテーマに沿った内容でしたということが短い文章で解るようにしたいものです。その内容がタイトルと一致していることも大切で、内容が破綻しないように全体をチェックしましょう。

テーマを決めてから根拠を挙げていく

5つの手順の中でもトップに挙げていたのが、その記事のテーマ。テーマがきちんと決められていないと、しっかりしたコンセプトも作れません。そして他の記事と差別化を図る際も、テーマは重要な役割を果たしています。

例えば、軟骨を作っている成分であるコンドロイチンについての記事を書くとします。検索してみると、コンドロイチンとグルコサミンを並列してタイトルやリードに載せている記事が多いことに気がつくことでしょう。グルコサミンは軟骨の主成分の原料となる成分で、コンドロイチンは軟骨に弾力性をもたらす成分という違いがありますが、両方とも膝などの関節痛に効くというイメージがあります。

ところが、この2つの成分の役割の違いを把握していない人は多いもの。そのため読者を啓蒙して、結果的に両方が配合されているサプリメントを購入してもらう場合には、キーワードを並列するのは良い効果を生み出すでしょう。コンドロイチンの効果についてだけではなく、グルコサミンについても触れることで、より豊かな内容の記事にできるというわけです。

記事のクオリティを高めるため、手順を守って執筆を

手順を守って記事の構成を作れば、読者にとって有用な記事かどうかをアピールでき、内容の破綻も防ぐことでしょう。