【ライター必読】転職者に役立つ記事を作成するために取り組みたい4つのこと

change-of-occupation01

労働の売り手市場と言われる昨今、転職を考えている人に向けて記事を書く機会が増えたライターさんも多いのではないでしょうか?今回は転職を希望する方が読んで役立つと思える記事を作成するために、ライターの皆さんが取り組むべきことを4つまとめてみました。

記事を書く前にまず転職者の気持ちを理解する

change-of-occupation01

転職者に役立つ記事を作成するためには、まずは転職者の気持ちをしっかりと理解する必要があります。

転職とは人生における最大の意思決定の一つと言っても過言ではありません。

これまでの職場を辞めて就職活動を始めるといことにはとても大きな不安が伴います。

転職者がどういった立場にあり、どのようなことを不安に思うのか、転職者の気持ちをしっかりと理解した上で記事を書き始めるようにしましょう。

ご自身が実際に就職活動や転職を経験されたのであれば、その頃感じた不安や心配事を紙に書き出してみて、転職者に寄り添うような目線での記事の執筆を心掛けましょう。

転職者の業界について知る

change-of-occupation02

転職者の気持ちについて理解することができたのであれば、次は転職者の属する業界について知りましょう。

転職のしやすさや、給料が上がりやすいかどうかというのは業界ごとに大きく変わってきます。各業界の特徴をしっかりと抑えて自分なりに分類できるようにしましょう。

転職者に本当に役立つ情報を届けるためには各業界の転職事情について大まかにでも理解しておく必要があります。業界について必見の3つのポイントを挙げておきます。

業界の有効求人倍率はどのくらいか

転職市場に限った話ではありませんが、世界には需要と供給のバランスというものが存在しています。転職して就職したいと思う人の数と、新しく人を採用したいという企業の数がまさに需要と供給のバランスですが、これらが完全に一致することは決してありません。必ずどちらかが不足していたり、過多である場合が多いのです。

そのため、業界によっては人手が足りている業界と人が余っている業界などはっきりと数値で現れますが、それが有効求人倍率というものです。

各業界の有効求人倍率がどの程度なのか、厚生省のホームページなどで大体の数値について理解し、業界の需給バランスについてしっかりと把握した上で記事の執筆に取り掛かりたいところです。

転職の多い業界かどうか

上述の有効求人倍率の話にも関わってきますが、業界によって転職がしやすい、しにくいははっきりと存在します。

業界の一般的な風習や文化みたいなものも要因として作用することが多く、人間関係が煩雑であったり仕事内容がきついものであったりするほど人材の流動性は高まる傾向にあります。

例えば、広告業界や看護業界はその仕事の難しさや人間関係の煩雑さなどから転職の頻度が多い業界と言われており、比較的次の就職先は見つけることは難しくはなく、条件面や金額面といったポイントだけを気にする転職者が多いでしょう。

一方で大手メーカーなどの比較的長期雇用が保障されている会社から転職する人は、安定を捨てて未知の大海にトライするわけですから、どういった仕事がありどのようなキャリアを築けるのかなどの不安を払拭するようなアドバイスがあると安心できるかもしれません。

転職を考える人に役立つ記事を作成するためにはある程度業界の知識をつけておく必要があります。

給料が上がるのかどうか

条件や待遇面で不満があって転職をする人の多くの理由として、給与の不満が挙げられます。転職をすることによって、給与が上がりやすい業界なのか、それともあまり大きく変動しない業界なのかがわかるととても有益な情報になります。

上述のような情報があることによって転職するにしても、今と同じ業界で転職するのかそれとも違う業界に転職するのかといった判断基準になります。

実際の業務はどういうことをするのか

転職の際の注意点として、雰囲気や評判で会社を選んでしまう恐れがあることです。

どうしても世間体や給与面の要因が大きく、それらを元に会社を決定してしまいがちですが、実際の業務ではどういったことをするのか勤務時間はどれくらいかなど実業務面の理解もしっかりと深めておかないと、いざ入社したものの「こんなはずでは…」という事態になりかねません。

転職に関する記事を扱うからには、各業界の仕事内容についても理解しておきたいところです。

転職業界の業界構造やプレイヤーについて知る

change-of-occupation03

転職者に向けた記事を執筆するからには、転職業界そのものに関してもしっかりと理解をしておく必要があります。

転職業界では一体どこからどのようにしてお金が流れ、お互いにどのような価値を相互提供しあっているのか。また、その構造を把握した上で現在の転職業界にはどのような課題が存在しているのかをしっかりと理解した上で、失敗しない転職をアドバイスできるような記事を転職者に提供することができます。

業界構造分析のコツ

業界構造を知る、とはいうもののいきなり業界構造を分析するというのはハードルが高いですので、業界構造の分析のコツをご紹介します。

ビジネスモデルなどを可視化する際に用いられる「カオスマップ」と言われるものを作ると業界が一目瞭然になるのでとてもオススメの手法です。主要プレイヤーから中間プレイヤーを順に書き出していきます。

転職者が居て、人を採用したい企業が存在します。そしてそれらをつなぐ転職紹介者がいます。転職紹介者を束ねるようなプレイヤーもいますね。それらを順に書き出していき、お金がどこからどこに流れ、どのプレイヤーがどのような価値を発揮しているのか一目で可視化できるようにします。

それらを順に書き出していき、業界が俯瞰できたのであれば、転職しようとする人に対して一番良いサービスを提供しているのはどこかと言う目線でプレイヤーを選定することが可能になります。

どのような業界理解にも役立つので是非試してみると良いでしょう。

プレイヤーの理解

業界構造分析をして各プレイヤーに具体的な社名やサービス名を当てはめていくと、各転職サービスの特徴がよく表れており面白いと思います。

転職者よりも人を採用したい企業に寄り添うサービスを提供しているサービス、完全に求人広告のみ掲載していてあまり内容のわからないサービス、転職者のサポートのみで紹介はしていないサービスなど多種多様です。

転職記事のライターとして、転職者の希望に合わせてこのサービス!と言う形までプレイヤーの理解を深めることができれば記事内容もとても有用な造詣の深いものとなるでしょう。

転職者に実際にヒアリング

change-of-occupation04

転職者の気持ちの理解や転職業界に関する知識が伴えば、いよいよ転職記事の執筆!といきたいところですがあくまで自己完結している段階なので記事の内容が偏ってしまう恐れがあります。

ですので、書こうと思ってる転職記事の内容やその業界に合わせて転職を考えている人、あるいは転職を経験した人にヒアリングしてみることが効果的な方法になるでしょう。

  • どうして転職しようと思ったのか
  • 不安に思っていることは何かあるのか
  • 転職に当たって希望することや望むものは何か
  • 実際に転職活動をしてみて困ったことや課題に感じたことは何か
  • 転職エージェントを使ってみたがどうだったか etc.

転職を考えている人、考えた人の生の声を聞くことでより転職者の求める記事を執筆できるようになります。ご友人や、同僚の方に是非話を聞いてみると良いでしょう。

転職に関してのヒアリングをした後はしっかりとお礼も忘れずにしましょう。

転職業界の現状を理解することが大切

転職者に役立つ記事を作成するためにライターが取り組むべきことを4つご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

誰かにとって役立つ記事を執筆することはとても素晴らしいことですが、業界や当事者の求めている情報と全く異なるものを執筆したり、自身の曖昧な独断や偏見で誤った記事を執筆することはとても危険です。

しっかりと業界の現状を理解することでファクター(事実)を集め、その上で意見やアドバイスをすることによって正しく有益な情報を届けることを心掛けましょう。