保険テーマの記事を作成するなら最低限覚えておきたい4つの知識

insurance-writing01

結婚を機に生命保険に、家を購入したことで火災保険に、子供が生まれたから学資保険にと、保険には人生の重要イベントが関わっていることが少なくありません。そのため保険についてのライティングには、提案性が求められると言えます。良い提案のためにも、保険をテーマとする記事を書く際に知っておきたい知識を押さえておきましょう。

保険テーマ記事で役に立ったと思ってもらうコツとは

insurance-writing02

保険にも流行があることを知っておこう

保険とは、予期せぬリスクから人の命や財産を守るために作られた制度または商品。病気になったり死亡したりといった不慮の事態において、保険金や給付金をもらうことで、主に経済的なリスクを減らせるという機能を持っています。

例えば生命保険の場合、保険加入者は保険金を支払うことで、満期までリスクが発生しなかった場合は満期返戻金をもらうことができます。一家の家計を背負っていた被保険者が死亡した際には満期返戻金がもらえることで、収入のない遺族が住宅ローンなどの支払いに充てることも可能。医療保険の場合は、病気やケガをした際に入院費用や治療費がもらえます。このように万が一の時に経済的な補助となるため、加入しておくことで貯蓄が充分にない人の家計が破綻することを防げるわけです。

学資保険のように貯蓄型の保険なら、子供が将来満足のいく教育を受けられるよう学費を貯めていくことができます。それだけではなく、途中に保険としての機能も発揮してくれるタイプも。こうした保険会社から販売されている保険は内容が似通っていて、一見同じようなスペックに見えてしまいますが、実は世相を反映して絶えず新商品が登場しています。しかも人気のある商品を他社が真似したりと流行もあり、マイナーチェンジを繰り返している商品でもあるのです。

家族イベントなど節目に読みたくなるのが保険の記事

ところで保険についての記事は、どのような時に必要とされるのでしょうか?生命保険に関しては、独身の時はあまり興味がなかった人でも、結婚や子供の誕生を機に加入したという人も多いことかと思います。つまり家族や自分に関して大きなイベントが発生した時や、新しく家庭を持つなどといった節目の時に、保険についての情報を必要とすることが多いのです。

ただし保険といってもたくさんの種類があるので、何の保険についての記事なのか、タイトルや見出しですぐに理解できるような構成にしておくことが大切です。つまり情報を求めている人が検索に使用する単語を調べ、記事中で使用することも必要。これが記事の方向性をはっきり定めてくれ、かつ検索エンジン最適化にもつながるのです。

読者が保険を見直したくなるタイミングとは

既に保険に加入している人でも、先進治療を必要とする病気にかかったり、事故に遭ったことで保険を見直す気持ちが起きたという人も多いものです。こうしたタイミングをきっかけに、新たに保険の内容を見直したくなる時がありますが、その時にはより詳細な内容の保険記事を必要とするはず。こうしたターゲット向けの記事を書く場合は、ライター側もより掘り下げた内容や、具体的な例を提供する必要が出てきます。

そうした時に必要とされる保険記事は、利回りや期間についての説明などで数字が頻繁に登場することも多いもの。保険内容を見直しをしたい人はたいてい急いでいるので、内容を解りやすく示すためには、グラフや表を使うなどの工夫も必要。保険にこれから入ろうとしているライフイベントに直面した読者と、既に保険には加入しているけれど見直しを考えている読者には、それぞれ異なった展開の仕方を提供した方がよいでしょう。

保険はつまるところケースバイケースで選ぶもの

insurance-writing03

このように保険記事のターゲット読者は様々です。しかし保険というものは膨大な条項を説明した約款があるほどですから、デティールを紹介しているときりがありません。しかしどのような保険の何を紹介したい記事なのか、執筆前にはっきりさせておくことで記事のレベルは各段にアップします。

そしてクライアントから特定の保険のみを勧める記事を依頼されている場合は別ですが、漠然と保険の種類や豆知識の紹介を求められている場合は、どのようなライティングを展開したらよいのか迷うところかと思います。保険は加入する人の求める条件により内容も変わりますし、年齢や払うことができる金額によって、給付金や満期返戻金の金額も変わります。つまりケースバイケースでカスタマイズするものなので、万人向けの記事を書くのはある意味難しいジャンルです。

では保険関連記事のトピック選びに困ったら、どのように記事のテーマを決めればよいでしょうか?それには今どのような保険が人気なのか、話題になっているかを情報サイトで調べて、それについてまとめるのもよいでしょう。または年齢別、ライフイベント別に分けて執筆してもまとまりのある内容を提供できます。テーマに関しては事前にクライアントに提案し、すり合わせをしておくことをお勧めします。

保険がテーマの記事に必要な知識

insurance-writing04

法律が変わったら要チェック

多種多様な対応を迫られる保険関連のライティングをする際は、どのような知識があればよいのかも確認しておきたいところ。しかし保険会社に勤めているのでない限りは、個々の商品について詳細を知っておく必要はありません。ただし最低限(1)なぜその保険は必要なのか、(2)どのような保険の種類があるか、(3)どのような時に保険が必要になるのか、(4)どのような時に保険の見直しが必要になるのかといった、4点を押さえておけば大丈夫でしょう。

それぞれをかいつまんで説明すると、どの保険にも言えることですが、(1)は起こりうるネガティブなイベントに対し、経済的なリスクを軽減するため。(2)は人の健康や命を守る生命保険や医療保険、自宅や自動車などの財産を守る火災保険や自動車保険、対物や対人に対しての責任リスクのための賠償責任保険など。(3)はリストラでローンが払えなくなるなど、貯蓄や勤務先の雇用保険や退職金などではカバーできないリスクが起こることが予想される時。(4)は結婚や子供の誕生などで、ライフステージが変化した時。

また、保険に関連する法律が変更されたりといったことで、保険内容の見直しを迫られることもあります。法律の変更などがあった際は、ぜひ財産と保険の見直しをするよう記事で促せれば、有用な記事として認識してもらえることでしょう。

保険以外のヒントもプラスして役に立つ記事に

ではすべての人が同じような保険に加入する必要があるかというと、そうではありません。前述のように保険内容はケースバイケースであり、人によって必要としている保険内容は異なります。それを踏まえた上で、生保会社が販売している保険以外にも目を向けるようヒントを加えて、記事のレベルアップを図ってはいかがでしょうか。

例として、貯蓄代わりに複数の生命保険に加入する人がいますが、十分な預金があれば入院保険は不要と唱えるファイナンスプランナーもいます。というのは、国民健康保険に入っていれば高額医療費を払った際に、自己負担限度額を超えた部分は払い戻しを受けられますし、保険だけに支出が偏るのもバランスを欠いていると言えるでしょう。このような情報を知らない読者に、公的な保険、または勤務先で得られる保障などでカバーできないか、今一度チェックしてみるよう働きかけるのも、より役立つ記事になるためのポイントです。

生活を守る知恵として、保険の知識を紹介しよう

保険は何かあった時に生活を守ってくれますが、読者がバランス感覚を持って加入するよう、役立つ情報を紹介するライティングを心掛けましょう。