【ライター必読】不動産がテーマの記事を執筆するならチェックしておきたい情報サイト7選

real-estate-writing01

あなたが書こうとしている不動産をテーマにした記事は、賃貸物件についてですか、それとも分譲物件についてですか?書くべき対象がはっきりしたら、記事の信頼性を高めるため情報サイトを見てみましょう。チェックすべき情報サイトを7つご紹介します。

読者は誰?不動産の記事を書く前にチェックを

real-estate-writing02

読者が賃貸不動産を探しているケース

あなたが書こうとしている記事は、ターゲットの顔が見えていますか?読者が誰かがはっきりしていないままライティングを開始すると、何を言いたいのかがはっきりしない記事になってしまうのでご用心!

例えば賃貸不動産を探している人へのアドバイスが中心となるライティングは、賃貸物件を紹介する仲介サイトや、移住を提案する自治体のサイトに掲載される記事が想定されます。前者は賃貸物件を探している人が、そのサイトから契約することを目的としています。そこで街の魅力を紹介するライティングによって、より多くのアクセスを得ることが必要となるのです。

読者が分譲不動産を探しているケース

次に分譲不動産の場合は、街情報を提供する記事が必要なのか、ローンなど資金に関する情報を提供する記事が必要なのか、書く前にはっきりさせておく必要があります。クライアントが不動産仲介会社であれば両方を目的としている場合もあるので、何についての記事なのかを事前に確認しておきましょう。

クライアントからタイトルや見出しが支給される場合は、それを見ればどのような内容が求められているのかが判明することと思います。もし支給がない場合は、自分で考える必要がありますが、現在話題になっている街や路線を紹介することで、切り口を作ることができます。例えば再開発されてオフィス、ショッピングビル、マンションなどが大量供給されている街を紹介したり、山手線のように新駅ができるといったニュースから掘り下げる方法があります。

分譲不動産の場合は相続税対策がからむ場合もあるので、そうした話題を取り上げてもよいでしょう。節税やローンの知識といったトピックにつなげれば、様々な種類の記事を展開できるはずです。

読者が不動産投資を検討しているケース

3つ目は不動産投資に関する記事で、これが一番専門知識と現状を把握する能力が必要となるライティングとなります。不動産投資といえば、少し前にREITというファンドがよい成績をあげて話題になったのが記憶に新しいところですが、最近ではアパートやマンション経営で相続税対策という話題もよく取り上げられています。こうした傾向は経済ニュースや投資関連ニュースを普段から見ておくことで、ニュースソースに対しても鋭敏になれることでしょう。

不動産の記事を書くには、読者が何が知りたいのかを想像しよう

real-estate-writing03

記事のターゲットがはっきりしたところで、その次に大切なのは読者が何を知りたがっているかを想像すること。賃貸物件を探している人ならば、どの路線に住むか、どの駅に住むかという地域情報を必要としているのかもしれません。記事の有用性を高めるためにも、きちんと決めてからライティングを開始しましょう。

様々な記事を読んでいて「役に立った!」と思えた時、その記事はあなたにとってどんな記事だったのか覚えていますか?昨今の調べ物はネットで単語を検索して済んでしまいますが、その検索結果はごまんと出てきて、どれを選んでよいのか迷うところ。複数のサイトに目を通して有用感があったのは、そうした読者の疑問をピンポイントで解決してくれるサイトではないでしょうか?

つまり検索された単語と内容が乖離していないこと、きちんと回答が示されていることが、情報記事のライティングにおいては必要です。特に賃貸不動産の場合は住もうとしている駅名、分譲なら関連する税金や法律など、最初からかなり具体的な検索となります。それらの検索単語とのマッチングを意識して、記事を執筆するようにしたいものです。

不動産記事ライティングのお役立ち情報サイト

real-estate-writing04

賃貸不動産情報なら、CHINTAIなどの情報サイトで

それでは実際に、不動産のライティングに役立つ情報サイトをターゲットごとにご紹介していきましょう。まずは賃貸不動産の記事を書く場合、ライティングの発注内容は具体的なエリア名や駅名についての依頼になることが多いことでしょう。土地勘がない場合は下記リンクの「CHINTAI情報局」のような仲介サイトで、街の特徴を紹介する情報サイトを見てみましょう。そこでライティングの柱になる特徴を、まずはピックアップ。

「アパマンショップ 住みたい駅ランキング」のような仲介サイトの情報ページで、人気駅名ランキングや家賃相場をチェックしておくのも役に立ちます。ここでは人気の駅名だけではなく周囲の学校や買い物情報も掲載されており、一通り目を通すとその街の雰囲気が掴めるのでお勧めです。

または「〇〇経済新聞」(〇〇には様々な街、市町村名が入ります)のように、地域のお祭りやイベントが掲載されているニュースに目を通すと、その地にある施設や話題の店などが解ります。土地勘がないからこそ、ライター側が目を惹かれた特徴を中心に書くことで読者にも訴えかける内容になるのです。

不動産分譲や投資情報なら、全宅連などの総合サイトで

分譲されている不動産について包括的な情報を知りたければ、「全宅連」のような宅建業の業界団体サイトで情報を入手するのもお勧めです。特定の地域や物件を勧めるものではないので、中立な情報が手に入ります。

不動産投資情報についてのライティングの場合は、ファンドに関する記事の場合、専門家でないなら種類を解説する程度の内容に落ち着くかと思われます。その場合は「MORNINGSTAR」のような投資信託、株式投資情報サイトで情報入手を。利回りなど正確な数字なども手に入りますし、最新のニュースが掲載されているので、今人気のファンドはどれかも把握することができます。

アパート・マンション経営に関する記事の場合は、特定の住宅メーカーのものではなく、メリットデメリットも解る情報サイトを参考に。しかし個人が書いているブログなどでは根拠がなく、主観に基づいている場合もあるので、鵜呑みにはできません。「A]] Aboutマネー」のような専門家が記名記事を書いているサイトで、不動産投資情報に目を通してみましょう。

また不動産投資にもはやりすたりがあり、タワーマンションを買って相続税対策にする、アパート・マンション経営を相続税対策にするといった話題は、「東洋経済ONLINE」のマーケットのページで探すことが可能。名だたる経済雑誌のネットニュースサイトですから、ニュースソースとしては確かな根拠となります。そして最新の記事タイトルを見るだけで、ファンドや投資方法の傾向も見えてくるので、定期的に目を通すと良いでしょう。

きちんと検証し、根拠に基づいた記事を

不動産に関する記事は正確さが必要なので、情報サイトや資料にあたってからライティングを開始し、検証なしで執筆しないようにしましょう。