wordpressで絶対入れるべきプラグインおすすめ5選とその使い方

2304-banners 4

WordPressにはおすすめのプラグインが数多くあります。SEO対策、コンタクトフォーム、関連コンテンツの表示などHTMLの知識がなくても、ボタン一つで導入できるのがWordPressのプラグインの特徴です。

あえてデメリットをあげるとすると、プラグインの数が多すぎてどれを使えばいいかわからないということです。

そこで、今回はWordPress初心者が絶対インストールすべきおすすめのプラグインを5つご紹介します。また、プラグインの使い方も紹介しているので、すぐにでもインストールして使っていただけます。

All in One SEO Pack

image1

WordPressを始めた頃は誰もSEO対策の知識はないものです。そんな人におすすめしたいのがAll in One SEO Packです。

このプラグインをインストールするだけで、SEOとSNSの設定をまとめて管理できてしまいます。例えば次の設定や編集ができます。

  • メタタグの編集
  • ソーシャルメディアタグの編集
  • XML Sitemapの自動更新
  • Googleアナリティクスのコード設置
  • Googleウェブマスターツールのコード設置
  • SEOに有効な確認事項

一つひとつ見ていきましょう。

メタタグの編集

image3

All in One SEO Packを使えば、メタタグの設定が簡単にできてしまいます。メタタグとは、グーグルで検索した際に、表示されるサイトやページの説明文のことです。

image2

このメタ情報は、Googleが検索順位を決定する際の一つの条件になっています。検索で上位表示させたいキーワードがあれば、この欄に必ずいれておくことをおすすめします。また、タイトルの設定もできますので、検索でひっかかるタイトルに変えることもできます。

ソーシャルメディアタグの編集

FacebookやTwitterと自動連携できる機能です。また、シェアされた時に画像を表示させる調整もここでできます。WordPressを始めた頃は、ツイッターでシェアした記事のアイキャッチが表示されない問題に誰もが直面しますが、All in One SEO Packですべて調整できます。

XML Sitemapの自動更新

XMLとはサイトの構造設計書のようなものです。XMLがあることで、グーグルは効率良くサイト内をクロールすることができます。もしこのファイルが更新されていなければ、グーグルはサイト内を見て回ることはないでしょう。つまり、検索結果に反映されないということです。それだけ、XML Sitemapの更新は大切です。

しかし、個人ですべて管理するのは簡単ではありません。そこでAll in One SEO Packの自動更新・自動編集の機能を使います。このプラグインで事前に設定しておくことでXMLサイトマップをすべて自動で管理してくれます。

Google アナリティクスのコード設置

訪問者数やPV数を分析するのにGoogleアナリティクスは必須のツールです。しかし、WordPressにGoogleアナリティクスの設定をするのは実は少し手間がかかります。All in One SEO Packは、Googleアナリティクスで事前に取得したコードをベースとするだけで、Googleアナリティクスと自動連携できるようになります。

初心者は特にここでつまずくことがありますので、このプラグインで設定することをおすすめします。

Google ウェブマスターツールのコード設置

Googleアナリティクスと合わせて一緒に設定しておきたいツールがGoogleウェブマスターツールです。SEOに関する外部リンクや内部リンク、サイトパフォーマンス、グーグルからの評価を見ることができるWeb担当者には必須のツールと言えます。

このツールも同じようにコードを取得してWordPressと連携させる必要がありますが、All in One SEO Packをインストールしておくことでコードを貼り付けるだけで利用できるようになります。

SEOに有効な確認事項

新規投稿をする際に、SEOのチェックポイントを表示してくれます。例えば、次のようなSEOのチェックポイントがあります。

  • タイトルにキーワードは含まれているか?
  • タイトルでベネフィットが伝わっているか?
  • タイトルに数字が含まれているか?
  • タイトルは32文字以内になっているか?
  • メタキーワードを入力したか?

これらはあくまでも一部ですが、SEO対策をする上で基本的なことです。しかし、サイトの運用を始めた頃はこういう条件があることも知らないものです。All in One SEO Packがおすすめのプラグインである理由は、こういった細かいところまで気が行き届いているからです。

管理画面の位置

このプラグインは、管理画面の以下の場所にあります。

image5

EWWW Image Optimizer

image4

EWWW Image Optimizerは、画像の大きさを自動で最適化してくれるプラグインです。ブログをアップする際に、画像をいちいち編集する時間がもったないと感じたことはありませんか?また、編集ツールを持っていない人もいるのではないでしょうか?

そんな人におすすめしたいのがこのプラグインです。

画像のサイズを最適化してくれることで、投稿を表示する時にかかる負荷を減らすことができます。実は、ページの表示速度はSEOにも関係しています。グーグルは、ユーザーの利便性を高めるためにも、クリックしてからの表示速度を重視しています。もし画像が重く、表示速度が遅くなればユーザーにストレスが溜まることになり、結果的にサイトの評価を落とします。このプラグインをインストールしておけば、グーグルの評価とユーザーの評価、どちらも高めることできます。

管理画面の位置

このプラグインは、管理画面の以下の場所にあります。

image7

WP-PageNavi

image6

WP-PageNaviは、サイト内ナビゲーションを最適化できるプラグインです。

image9

サイト内ナビゲーションとは、記事を読み終わった後に出てくるページ数を表したバーのことです。こんな細かいところまでプラグインで設定できるのがWordPressの魅力でもあります。

WP-PageNaviを使えば、このバーの色を変えたり、矢印に変えたり、細かく設定することができます。ナビゲーションは、サイト内の回遊率を高める働きもあり、設定を正しくおこなうことで滞在時間を伸ばすことができます。

滞在時間が伸びると結果的にグーグルからの評価も高まり、SEO対策になりますので、WP-PageNaviはWordPress初心者におすすめのプラグインです。

管理画面の位置

このプラグインは、管理画面の以下の場所にあります。

image8

WordPress Popular Posts

image12

WordPress Popular Postsは、最も人気のある投稿を表示できるプラグインです。例えば、次のような設定ができます。

  • 特定の時間内で最も見られた投稿を並べて表示(24時間、過去7日)
  • 固定させたい投稿を選べる
  • サムネイルの大きさやOn Off
  • ダッシュボードから人気記事のアクセス状況を確認できる

このプラグインを使うことで、サイト内の回遊率が高まり滞在時間があがります。WordPressを導入したての方は、まず導入しておくことをおすすめします。

設定方法も簡単で、ウィジェット管理画面でドロップして追加することができます。特殊なコードを書く必要もないので初心者でも安心です。

管理画面の位置

このプラグインは、管理画面の以下の場所にあります。image10

Contact Form7

image11

Contact Form7は、コードを書く必要もなくお問い合わせフォームを作ることができるプラグインです。名前、メールアドレス、住所、ロボット確認など必要最低限の機能がついており、多くの人に愛用されています。WordPressをダウンロードしたらこのプラグインも一緒にダウンロードしておきましょう。

管理画面の位置

このプラグインは、管理画面の以下の場所にあります。

image13

WordPressに絶対入れるべきプラグインまとめ

WordPressに絶対入れるべきプラグインを5つご紹介しました。WordPressの魅力は、コードがかけなくてもプラグインで新しい機能を追加できてしまうことです。今回ご紹介した5つのプラグインは、インストールしておいて絶対に損することはありません。

WordPressでこれからサイトを作っていくという人は、まずこの5つのプラグインをダウンロードしてサイト運営に活用してみてください。