WEBライティング

WEBライター募集

WEBライティング

2015/4/28

webライター募集前に企業が知らないと損する3つの事

ネットが「コンテンツ至上主義」にシフトしているここ数年において、WEB関連のエンジニアの人材募集が多く見受けられます。 これを機にサイトそのものを見直そう、そしてコンテンツもきちんと見直そう―という流れとなっているからです。 コンテンツ見直しやボリュームアップのためにWEBライターを募集する際、企業はどのような心構えをしておかなくてはならないのでしょうか。 自社で雇用するならいざ知らず、外部に委託するためには、それなりのカンやコツが必要です。 また、実際に仕事を依頼する際の秘訣もあります。   ...

WEBライティング

2016/9/2

お客が「つい読み進めたくなる記事タイトル」の特徴7つ

WEBライティングでタイトルやコピーが重要であることは、「効果的な広告キャッチコピーの作り方4選」「【保存版】読者の反応を10倍高める見出しの書き方」「広告にとって見出しが大事な3つの理由」でもご説明した。 1記事5000文字に5時間かけても、外注し1記事何万円払っても、実際に読んでもらえなければその手間暇・コストは無駄になる。 では、実際に「ついつい読み進めたくなる記事タイトル」とはどういったものだろうか。 いくつかの事例を挙げながら、ポイントを整理してみる。   1.好奇心を刺激する 「えっ ...

WEBライティング

2015/4/28

WEBライティング―「検索結果」「読み手の納得」2つを満たすには

WEBライティングに臨もうとすると、いくつかの疑問に遭遇する。 大雑把に分類すると「検索してもらえるのだろうか」という側面と、「読み手にきちんと伝わるのだろうか」という側面に分けられるはずだ。 この二つの側面を満たしてこそ、読み手の満足に近づくことができるのは言うまでもない。 この大きな二つの側面から、WEBライティングを斬っていくことにしよう。   1.検索してもらうために まずは、推している商品に関連したキーワードのなかで、どんな言葉が検索されているかを調べなくてはならない。 気になる商品が ...

WEBライティング

2015/4/28

スルーされないメールの件名―この4つを押さえれば開封率UP

毎日メールチェックをするたびに流れ込んでくるダイレクトメールの数々。 筆者は登録を要する各種サービスのジャンルごとに5つのフリーメールを使い分けているので、スパムメールを含む各種メールの数がおびただしすぎて、必要な物を読み落としてしまうことも何度かあった。   今カウントしたところ、一日当たり1つのアカウントで平均約30通のメールを受け取っていた。 つまり、30通×5アカウント=150通程度のメールを1日に受け取っている計算となる。 筆者のように、スパムメール対策のために「本アカ」「捨アカ」と使 ...

WEBライティング

2018/3/11

劇的に売れるコピーに仕上げる為の誰でも実現できる3つの方法

キャッチコピーの醍醐味は、「たった一言で、自分が作り出したイメージの世界に読み手を引き込むこと」だ。 コピー以降の説明文を読んでもらえるか否かが、その一言にかかっている。 だからこそ、成功したときの喜びは、書き手にとって勲章とも言える。   成功の基準は様々だ。 購入者が増える、問い合わせが増えるのような「数」で明確に現れることもあれば、企業イメージが良くなったという「雰囲気の醸成」であることもある。 まずは、結果(成功イメージ)を熟考頂きたい。   打ち出したいものは何だろうか。 商 ...

WEBライティング

2015/4/28

広告関係者必読!10分で理解する景品表示法の違反事例

画期的な企画を打ちたい!そう願うマーケティング担当者は星の数ほどいるはずです。 「画期的な企画」がどういうものなのかについてはここでは置いておくとして、そんな意欲の高いマーケティング担当者にとって避けて通れないのが景品表示法(景表法)です。   「名前は聞いたことあるけどよくわからない…」なんて言っていると、汗水たらして考えたあなたの企画が台無しになってしまうどころか、企業全体の信用を損なう大変な事態を引き起こす引き金になってしまうかもしれないんです。 「大げさに書き過ぎでは?」と思われるかもし ...

キャッチコピーの作り方

WEBライティング

2015/4/28

効果的な広告キャッチコピーの作り方4選

効果的な広告を作り上げるには効果的なキャッチコピーが必須である。   キャッチコピーをひとつの言葉のフレーズとして捉えた時、やはりリズム感が必要なのは明白。 このリズム感をどう持たせるか、というのも一つの課題だ。 少しでも記憶させるためにも「重たい語感」が必要な場合と「すっと入ってくる語感」が必要な場合がある。 抱かせるイメージに直結する問題なのだ。   ここでは効果的な広告を作り上げるためのキャッチコピー作成法を4例ご紹介する。 これで広告効果が増大すれば幸いだ。   1. ...

WEBライティング

2014/7/8

【保存版】読者の反応を10倍高める見出しの書き方

先の「広告にとって見出しが大事な3つの理由」では、ダメな見出しの事例を挙げてみた。 大げさすぎるもの、ネガティブな面を盛り込んでしまったもの、複雑奇異なもの…。 つまり、「ピン!とこない」「イメージができない」見出しはよくない、ということ。   では、商品を売りたいターゲットがつい反応してしまう見出しとはどんなものだろうか。 その商品について、ライター自身が熟考した上で「自分が買うならこういう理由」というものを数多く挙げてみるとよい。 ノートの2~3ページを使う覚悟ででも。 商品自体の愛すべきポ ...

広告見出しが大事な理由

WEBライティング

2016/9/3

広告にとって見出しが大事な3つの理由

電車移動がメインのビジネスマンは、目が肥えている。どういった面でか、というと「毎日何かしらの見出し(≒キャッチコピー)に触れている」からだ。 電車の中吊りには雑誌の広告、駅の売店にはショッキングな見出しが躍る新聞、信号待ちに見上げるビルの電光掲示板にはいろいろな店のPRの文言…。その中から、瞬時に「自分に必要な物、自分が興味を持つものは何か」を見分けている。 車移動がメインの場合は、それらが耳から入ってくる。運転中にラジオを付けている人は意外にも多いからだ。 目から入って来るか、耳から入ってくるかの違いは ...

相手を説得する方法

WEBライティング

2015/4/28

相手を説得する方法|誰でも一瞬で説得力を増すテクニック10

説得とは、相手の心を動かし、共感してもらい、納得してもらうこと。相手を自分の思った通りに動かすことは不可能です。自分自身でさえ、自分の考えた通りには動いてくれないのは皆様既にご経験の通り。その作業を、自分以外の他人に対して行おうとするのですから、説得はとても骨が折れることですし、テクニックが必要です。 プレゼンテーションを始め、日頃のチームワークの中でも活用できる技術。これこそが、説得力です。100%完璧な合意は難しいものの、自分の目指す到達点へいかに近づけることができるのかが、ビジネスパーソンが身につけ ...

ビジネスメールの書き方

WEBライティング

2015/4/28

ビジネスメールの書き方基礎講座|6つのマナー

今現在、新入社員として頑張っている方、または職を探している方にとっては、既にメールは使い慣れた道具でしょう。でも、その「慣れ」がビジネスの面では落とし穴になることも。 まずは、あらためて「メールのメリット・デメリット」を比較して、メールの性質を探ってみましょう。 対面しなくても良い←→相手の反応を見ることができない 読み返せる←→相手側にも記録として残ってしまう 自分のタイミングで送れる←→相手がいつ読んでくれるかわからない 一度に多数の人に送れる←→意図しない人にも送ってしまっているかも 必要な人には転 ...

フリーライターになるには

WEBライティング

2015/4/28

【実録】フリーライターになるには?フリーライターになる為に学んだ3つの事

「フリーライター」。 何となくオシャレでカッコいいイメージのある職業として捉えられているが、その実どうなのだろうか。 筆者の知人であるフリーライター佐々木氏に聞いてみた。 1.フリーライターの現実を知る 「そんなイメージで受け取られているのだったら、ちょっと違うかな」 それが彼の、現在の職業に関する素直な答えだ。 実際の暮らしぶりを聞いてみた。 「1文字何円の世界だから…。バブルの頃は1文字10~20円なんて頃もあったみたいだけど、今は1円とか2円とか。 定期的に仕事をくれるクライアントを複数常に持ってい ...

Copyright© Build up|コンテンツマーケティング担当者向けメディア , 2019 All Rights Reserved.