ファクタリングの仕組みをわかりやすく知りたい!中小企業が知っておきたい資金調達サービス

ファクタリング

「資金を調達したいが銀行融資が受けられない」

「いますぐにでも現金が必要」

など、資金調達において不安を感じている企業は少なくありません。特に、中小企業の場合は資金繰りが難しくなる傾向にあり、事業を進めていくうえでの大きな壁ともいえます。

このような時に便利な資金調達手段が「ファクタリング」というものです。

資金繰りに不安を感じている企業は本記事を参考にしながらファクタリングについて理解を深めていきましょう。

ファクタリングとは?

ファクタリングとはどのようなサービスなのでしょうか。まずは、ファクタリングの概要や仕組みなどについて解説します。

ファクタリングとは「資金調達」の手段の一つ

ファクタリングとは、一言でいうと「資金調達の手段の一つ」です。

一般的に資金調達というと「銀行融資」を思い浮かべる方がほとんどですが、他にもファクタリングサービスを提供している「ファクタリング会社」を利用するという方法も存在します。

企業の未回収状態の売掛金(後日支払いのお金)をファクタリング会社が買い取ることで、企業のキャッシュフローを改善します

例えば、商品は提供済みだが支払日まで期間が開いている、サービスの提供が完了しているが支払日が後日、といったケースは入金までに時間がかかり次の仕入れのための資金繰りがうまくいかないことがあります。

こうした場合の資金調達手段として、ファクタリング会社に未回収の売掛金を買い取ってもらい、資金繰りを円滑にすることができるのです。

しかし、一口に「ファクタリング」といっても、大きく2パターンが存在し「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。

2社間ファクタリングは企業とファクタリング会社のみでやりとりをする方法です。手間が少なく手軽に資金調達を行いやすいのが特徴です。

3社間ファクタリングは「企業」「ファクタリング会社」だけでなく、「売掛先」に承諾を得て資金調達を行います。ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらい、売掛金の支払いを売掛先からファクタリング会社に入金してもらうという仕組みです。

多額の資金調達を行いたい際にはこの3社間ファクタリングがおすすめです。

ファクタリングの仕組み

具体的なファクタリングの仕組みについて順番に見ていきましょう。

【2社間ファクタリング】

  1. 企業がお客様へサービスや商品を提供(後日支払い)
  2. ファクタリング会社が企業の売掛金を買取
  3. ファクタリング会社から企業へ売掛金を入金
  4. お客様が企業へ期日までに支払い
  5. 企業がファクタリング会社へ支払い

【3社間ファクタリング】

  1. 企業がお客様へサービスや商品を提供(後日支払い)
  2. ファクタリング会社が企業の売掛金を買取
  3. ファクタリング会社から企業へ売掛金を入金
  4. お客様がファクタリング企業へ支払い

上記がファクタリングサービスの流れです。

あまり複雑な仕組みではなく、「お客様の支払いが済むまでファクタリング会社にお金を借りる」というシンプルなイメージです。

ファクタリングと銀行融資との違いは?

ファクタリングと銀行融資の違いは主に以下の3つです。

  1. 銀行融資の方が手数料が安価
  2. 銀行融資の方が審査が厳しい
  3. ファクタリングは最短即日で資金調達が可能

銀行融資と比較すると手数料が高額なのがファクタリングの難点ではありますが、厳しい審査は無く、比較的簡単に資金調達を行うことができます。さらに、最短で即日に入金してもらうこともでき、緊急時にも安心のサービスといえます。

ファクタリングを利用しているおもな業種とは?

ファクタリングを利用する業者や業界などに制限はありませんが、とくに利用が多い業界・業種は存在します。

一体、どのような業種・業界がファクタリングサービスを利用してるのでしょうか。

1.人材派遣業界

人材派遣業界

まず挙げられるのが「人材派遣業界」です。

人材派遣業は、売掛金の入金よりも先に支払う場面が多い業界です。例えば、登録スタッフへの「当日払い」「週払い」は、売掛金の入金よりも前に支払わなければなりません。

さらに、近年は深刻な人手不足の問題から「給料を高額にしないと人材を確保できない」という人材派遣業者は多いです。こうしたことから、資金繰りが厳しくなる傾向にあり、ファクタリングを利用しているケースは多いです。

2.建設業界

建設業界

数ある業界の中でも最も利用率が高いといわれているのは「建設業界」です。建設業界は「下請け」「孫請け」と資金の流れが複雑で、時期によっては支払いが重なったり、入金日が遅かったりして、一時的な資金不足に陥ることがあります

こうした状況を改善するためにファクタリングを利用しているケースが多いのです。

3.アパレル関連

アパレル業界

アパレル業は基本的に在庫を抱えて商品を提供する事業です。仕入れから販売までの期間が長くなったり、場合によっては売れ残るといった問題も珍しくありません。

さらに、時期によっては仕入れに必要な資金が異なり、シーズンの切り替え前などは資金繰りが厳しくなることがあります。

こうした問題解消のためにファクタリングを利用するケースは多いです。

ファクタリングのメリット

具体的に、ファクタリングにはどのようなメリットが存在するのでしょうか。企業に嬉しいポイントについて見ていきましょう。

1.資金調達のハードルが低い

ファクタリングのメリットとして「資金調達のハードルが低い」というものが挙げられます。

必要書類の準備や各種手続きなどが完了すれば、最短で即日入金を実現することができます。

銀行のように厳しい審査を設けていませんし、審査に時間がかかるということもありません。緊急時の解決策としてファクタリングサービスを利用するケースも多いため、資金調達のしやすさは大きなメリットといえるでしょう。

2.担保が不要

銀行から融資を受ける際、場合によっては担保が必要となるケースが存在しますが、ファクタリングであれば基本的に担保は不要です。

「売上がある」「入金がある」といった証明ができれば、スムーズにファクタリングサービスを受けることができます。

3.資金繰りを良好にする

ファクタリングサービスの大きなメリットはやはり「資金繰りを良好にする」ということではないでしょうか。

円滑な資金繰りは事業を安定して進めていくうえで欠かせない要素です。しかし、業種や時期、タイミングなどによって一時的に資金繰りが難しくなることは珍しくありません。

そうした資金繰りの苦しさを解消できることはファクタリングサービスを利用する最大のメリットといえます。

ファクタリングのデメリット

魅力的なメリットが並ぶ一方で、デメリットも存在するのが現状です。具体的にどのようなデメリットが挙げられるのでしょうか。

月商以上の調達は不可

ファクタリングサービスはそもそも「売掛金」が無いと利用できません。そのため、月商以上の資金用達は原則不可となります。

今後売り上げが上がる見込みであっても、売掛金が無いことにはサービスを利用できないということを頭に入れておきましょう。

手数料が高額

銀行の場合、融資を受けるうえでの手数料は5%以下であることがほとんどですが、ファクタリングの場合は手数料が2社間で20~30%と非常に高額です。

「なるべく費用はかけたくない」という方にとって、ファクタリングの手数料は大きな負担となってしまうかもしれません。

場合によっては売掛先企業の承諾が必要

3社間ファクタリングの場合、売掛金は売掛先からファクタリング会社へと直接支払ってもらう必要があります。そのためには事前に売掛先企業から承諾を得ておかなければならず手間が増えるというデメリットがあります。

また、売掛先が「ファクタリング」というサービスを知らない場合、ファクタリングサービスの内容を説明する必要もあるということを頭に入れておきましょう。

稀に詐欺被害が発生する

ファクタリング会社の中には悪質な会社も存在するため要注意です。

「手数料が高額すぎる」「聞いていた内容と違う」など、トラブルに巻き込まれる可能性があるため、ファクタリング会社選びは慎重に行う必要があります。

ファクタリングにおける諸費用は?

ファクタリングサービスを利用して資金調達を行う上で、各諸費用が発生します。

ここからは、具体的に「何に費用が発生するのか」を解説します。

2社間ファクタリングの諸費用と現金化額の例

仮に売掛金 100万、手数料30%で2社間ファクタリングを行う場合、諸費用の例は以下の通りです。

  • 売掛金:100万円
  • 手数料:30%
  • 現金化:70万円

上述した手数料に含まれている内容はファクタリング会社によって若干異なりますが、一般的な内容は以下の通りです。

  • ファクタリング会社の手数料
  • 紹介料
  • 登記費用
  • 印紙代
  • その他必要書類分

手数料の高さはネックではありますが、緊急時に資金を現金化できるというメリットが大きいため、業種を問わず中小企業に人気のサービスとなっています。

3社間ファクタリングは手数料が安くなる傾向に

2社間ファクタリングの手数料は売掛金の20~30%が相場であるのに対し、3社間ファクタリングの場合は売掛金の1~5%が相場です。

売掛先企業への了承を得るという手間はあるものの、圧倒的にコストを下げることができるため、「出費を減らしたい」という方は3社間ファクタリングをおすすめします。

ファクタリングにおけるトラブルを回避するためには?

「ファクタリングのデメリット」としても本記事でご紹介した詐欺のリスク。資金繰りが苦しくなってサービスを利用したつもりが、返って負担が大きくなってしまった…というケースは実際に存在します。

ファクタリングにおけるトラブルを回避するための方法について見ていきましょう。

手数料が高額な業者は避ける

本記事でも解説した通り、ファクタリングにおける手数料の相場は2社間ファクタリングで20~30%、3社間ファクタリングで1~5%です。この相場を大きく上回るような高額な手数料を提示しているファクタリング会社は「相場よりも手数料を高額にしなければならない理由」が隠れている可能性があります。

例えば、「不親切な対応が評判で利用者が少ない」「経営が不安定で何とか収入を得なければならない状況に陥っている(倒産リスクが高い)」などのトラブルを抱えているケースが考えられるでしょう。

思わぬトラブルを避けるためにも、検討しているファクタリング会社の手数料と相場はきちんと比較しておくことが大切です。

2回目以降の手数料が安くならない業者は避ける

一般的に、ファクタリング会社の多くは2回目以降から手数料を安く設定します。しかし、中には2回目以降でも手数料が初回と同じ金額を設定している会社も存在します。

これでは、コスト面において損になりますし、場合によっては「無知な利用者を狙った詐欺」であることも考えられます。

依頼前にきちんと2回目以降の手数料はどうなるのかを確認しておきましょう。

手数料が明確でない業者は避ける

基本的にファクタリング会社はホームページ上で手数料を記載していたり、相談の段階で手数料を説明したりすることがほとんどです。しかし、中には手数料が明確ではない業者も存在するため注意しましょう。

後出しで高額な手数料を請求してくる、といった詐欺被害に合う可能性があります。契約前に手数料を確認し、メールなどのような「証拠として記録に残るもの」でやりとりを保存しておきましょう。万が一の状況でも証拠があれば対応ができます。

契約書が無い状態で話を進める業者は避ける

「契約書を作成しない」「契約書を作成しているはずだが送られてこない」などのように、契約書が利用者の手元に無い状態で話を進めてくる業者は避けることが無難です。

契約内容が曖昧なまま話を進めてしまうと「とんでもない条件で契約してしまった」と後悔することになってしまうかもしれません。

まずは契約書をしっかりと受け取り、契約内容をきちんと確認したうえで話を進めていきましょう。

ファクタリングを活用してキャッシュフローの改善を(まとめ)

ファクタリングサービスは、中小企業にとって心強いサービスであることは間違いありません。そのため、万が一の状態を想定して、ファクタリングサービスの利用を検討しておくことをおすすめします。

中小企業の経営者や個人経営店舗のオーナーなどは、ぜひ今回の記事を参考にしながらファクタリングについて今一度知識を深めておくと良いでしょう。

ファクタリングサービス