MEOのイメージ写真




SEO

MEO対策とは?しないことのデメリットと、具体的な方法について

更新日:

お店にもっとお客さんを呼びたい

ポータルサイトの掲載費用は高くて費用対効果が合わない

費用を抑えて集客できる方法はないかな

もしあなたが、このように考えていたら、MEO対策に取り組むことをオススメします。

この記事では、MEOとは何なのか?いまMEOに取り組まないとどんなデメリットがあるのか?MEOに取り組むための具体的な方法は?についてご紹介しています。

なお、この記事の想定読者様は「自店舗への集客を、費用を抑えて増やしたいと考える経営者や従業員」です。

最後まで読んでいただくことで、MEOについて理解して、ご自身でMEO対策を打つことができ、店舗への集客も増やすことができるようになっているでしょう

MEO対策とは?GoogleMap(グーグルマップ)上で自社(店舗)が表示されるようにする一連の施策

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略です。直訳すると”地図エンジン最適化”ですね。

例えば、スマホで「新宿 ランチ」と検索してみましょう。以下のような地図と店舗情報が表示されるはずです。

スマホで「新宿ランチ」で検索した際に表示されるグーグルマップ

もし、あなたがランチタイムに営業する飲食店を新宿で経営しているのであれば、「上記の地図上および3枠に表示させたい」と考えるでしょう。

逆にグーグル利用者(お客様)の視点であっても、まず目に行くのが上記の3店舗になりますから、いままさに食べたい気分である料理が表示されれば訪れる確率が飛躍的に高まるはずです。

この、グーグルマップで検索した際に上位表示させるための一連の施策のことをMEOと読んでいます

一方で、似たようなワードに「SEO」というものがあります。

これは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のことを指し、グーグルで指定キーワードで検索した際に上位に表示させるための施策のことを言います。

MEOは、地図版のSEOということで「ローカルSEO」と呼ぶこともあります

ここでは、MEOはグーグルマップで情報を検索した際に自分のお店が上位に表示するための一連の施策であるということだけを覚えておきましょう。

すぐに、MEO対策に取り組むべき理由4つ

MEO対策に取り組む店舗担当者の写真(イメージ)

1.Googleマップを使う人が増えてきた

Googleがグーグルマップに力を入れているために、使いやすさや情報の充実がどんどん上がっています。それにつられるようにグーグルマップを使うユーザーの数も増えてきました。

例えば、以前であれば食べログでクチコミをチェックしてお店を探していたという人も、グーグルマップのお店情報のクチコミが充実してきたこともあり、直接グーグルマップ上で訪れたい飲食店を探す人も増えてきています

Googleで「新宿 カフェ」と検索して食べログをチェックするよりも、その検索結果上でお店情報が見られた方が便利なのはいうまでもありませんね。

今後、Googleマップユーザーが増えていく中で、あなたのお店がグーグルマップにすら載っていない場合にはお店が存在しないのと同じと言ってもいいかもしれません。

2.費用対効果が高い

ポータルサイトへの掲載費用は月に数万円から十数万円かかっているという店舗もあるかもしれません。

一方で、MEOの場合には自分で施策できれば費用はかかりません

仮に業者に委託するとしても月額1万円〜2万円程度です

それなのに、上位表示できれば大きな集客効果が見込めます。

3.リスティング広告の費用対効果が見合わなくなってきている

リスティング広告とは、特定ワードでGoogle検索した際に最上部に表示される広告枠のことです。

リスティング広

上記画像は、「新宿 整骨院」と検索した際に表示されるリスティング広告です(赤枠内)。

この枠はクリック単位(数十円〜)で購入することができ、ちょっとした作業で誰でも即日掲載することができます。

クリック単価は入札制となっていて一番高いクリック単価を入札した店舗が表示されるようになっています(厳密には違いますがここではそのように覚えてください)。

そのため、入札者が増えれば増えるほど1人のお客さんを獲得するためのコストも上がってしまいます

リスティング広告という手法も多くの人に浸透するようになったのもあり、クリック単価が上がってしまい費用対効果が合わなくなっていっているのです

4.SEO(コンテンツマーケティング)は難易度が高い

SEO(コンテンツマーケティング)もまたお店の集客手段として用いられます。

SEOは自店舗に興味関心のありそうな層の悩みを解決するブログ記事の配信を通して、狙ったキーワードにおいて上位表示を目指し、店舗の認知拡大や集客に活かそうとする施策です。場合によってコンテンツマーケティングとも言われます。

うまくいけばサーバー代・ドメイン代程度のコストで無料で集客し続けることができます。

しかし、何も知識がない状態から検索エンジンで上位表示させるためのブログを継続的に投稿し続けるのは難易度が高いと言えるでしょう

業種によっては、大資本を持った企業や、SEOでご飯を食べている個人アフィリエイターと戦わなければならず片手間でできるような施策ではありません

何も知識がない状態から片手間でブログ集客を成功させるのは難易度が高いと言えます。

MEO対策の具体的な方法は?

MEO対策の方法としてはシンプルに表すと3STEPです。

  1. Googleマイビジネスに登録
  2. 内部対策
  3. 外部対策

それぞれ解説してみたいと思います。

1.Googleマイビジネスに登録

Googleマイビジネスに登録

まず、自店舗をGoogleマップ上に表示させるところから始めます。方法は以下のリンクをクリックして手順通りに行うだけです

方法は数分で終えますし無料ですので悩まずにやってしまいましょう。

入力項目としては、

  1. 「店舗名」
  2. 「住所」
  3. 「サービスの提供範囲の指定(配達や出張がある場合)」
  4. 「サービスカテゴリの指定(飲食/歯科医院/クリニック/など)」
  5. 「連絡先の登録(電話番号/ウェブサイト)」

と流れに沿って記入するだけですぐに終えることができます。

2.内部対策(情報の充実と運用)

内部対策とは聞こえは難しいですが、「情報を充実させること」「常に最新情報を更新し続けること」の2点です

例えば以下のような作業のことを指します。

  1. 情報の漏れがあれば記入する
  2. 情報が古ければ最新の情報に更新する
  3. 写真を追加する
  4. 口コミが投稿されていれば返信する

これは、継続的な運用が求められますので担当者を決める、時間を決めるなどして忘れずに対応するようにしましょう。

3.外部対策

外部対策とはお店の広報のようなものだと思ってください

具体的には以下のような作業のことを指します。

  1. ブロガーやインフルエンサーを巻き込む、プレスリリースをうつなどのお店の知名度をあげる活動
  2. 口コミの投稿をしてもらえるよう呼びかける活動

以下でも説明しますが、Googleマップで検索した際に上位表示するためには知名度は欠かせません

外部対策もまた、内部対策同様に継続的な運用が求められますので、定期的に企画を練って実行するようにしましょう。

MEOで結果を出すためには?

昼食に並ぶ人々

上述した方法により、あなたは無事にMEO対策を始めることができました。

しかし、これでは始めたに過ぎません。

では、MEO対策を強化し、お客様を店舗により多く集客するためにはどのようにしたらいいのでしょうか

結論から言えば以下の内容を意識することです。

  1. 関連性
  2. 距離
  3. 知名度

Googleマイビジネスヘルプページにも以下のように記載があります。

ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度といった要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

関連性

関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

Google では、掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキング システムを構築するために機密情報となっています。

この文章を読めば、「関連性」「距離」「知名度」を重視する理由がお分かりになるでしょう。

そこで、具体的にどのように「関連性」「距離」「知名度」を高めたらいいのか具体例をあげながら解説してみたいと思います。

関連性の最適化を計る方法

関連性とは、検索ワードとお店との関連性のことです。

例えば、あなたが新宿駅の近くでカフェを経営しているとして「新宿 カフェ」で検索された際に上位表示されるようにしたいとします。

その場合にはお店のカテゴリは「カフェ」に設定すべきですし、お店の説明文に関しても「カフェ」の説明を入れなければなりません

距離の最適化を計る方法

距離とは、ユーザーの位置からの距離、または、その検索ワードが示す場所からの距離です。

「カフェ」で検索すれば、ユーザーのいる位置からの距離が近い店舗が上位表示する傾向にあります

また、「新宿 カフェ」で検索すれば、新宿駅からの距離が近い店舗が上位表示する傾向にあります

例えば、新宿三丁目駅の方が近いけど多くのユーザーを集客したいために、新宿三丁目駅というワードは使わずに新宿駅というワードを使っている場合には、遠いので上位表示させることは難しいでしょう。

最寄の駅を意識した設定をするようにしましょう。

知名度の最適化(向上)を計る方法

Googleはそのお店の知名度をネット上の評判を主に指します。

例えば、

  • SNS上でお店の名前が書かれる(”インスタ映え”はまさにこれです)
  • ブロガーやインフルエンサーがお店の訪問レポートを記事に書く
  • Youtuberがお店を紹介する
  • テレビの取材を受ける

など、です。

「女子ウケするメニューを考案する」「デカ盛りチャレンジをする」など話題を提供した上で、ブロガーやYoutuberにコンタクトを取ってみるとコンテンツを作成してくれるかもしれませんね

まとめ

このページでご紹介した重要な要素をおさらいしてみましょう。

  • MEOとはグーグルマップで検索した際に、自店舗が上位表示するようにするための一連の施策
  • MEOをしないことでお店の集客がどんどんと困難になっていく
  • MEOの第一歩は、Googleマイビジネスに登録すること
  • 検索時に上位表示させるために、「情報の更新やクチコミへの返信(内部対策)」「広報活動(外部対策)」を継続して実施
  • Googleは、「キーワードとお店の関連性」「(ユーザーとの)(駅との)距離」「知名度」で順位を決めている

-SEO
-

Copyright© Build up|コンテンツマーケティング担当者向けメディア , 2019 All Rights Reserved.