書き方

WEBライティング

2014/7/8

【保存版】読者の反応を10倍高める見出しの書き方

先の「広告にとって見出しが大事な3つの理由」では、ダメな見出しの事例を挙げてみた。 大げさすぎるもの、ネガティブな面を盛り込んでしまったもの、複雑奇異なもの…。 つまり、「ピン!とこない」「イメージができない」見出しはよくない、ということ。   では、商品を売りたいターゲットがつい反応してしまう見出しとはどんなものだろうか。 その商品について、ライター自身が熟考した上で「自分が買うならこういう理由」というものを数多く挙げてみるとよい。 ノートの2~3ページを使う覚悟ででも。 商品自体の愛すべきポ ...

Copyright© Build up|コンテンツマーケティング担当者向けメディア , 2019 All Rights Reserved.