SEO

Webコンテンツ制作代行会社の比較5選|選び方と注意点も紹介

Webコンテンツ制作代行会社の比較

コンテンツ制作の代行を依頼したいけれどもどこに頼めばいいかわからない
業者を選ぶときの注意点を知りたい

このようなことでお困りではないでしょうか。

オウンドメディアの運営をしていくうえで、コンテンツマーケティングの視点が欠かせなくなり、コンテンツの善し悪しが成否を分けるようになりました。コンテンツ制作をどこに依頼するかは、もはや企業の明暗を分けることにもなりかねません。

そこで本稿では、代表的なコンテンツ制作代行会社を5つ紹介するとともに、外注を依頼するときの注意点、選び方のポイントなどを解説します

5分ほど時間を取って読んでいただくことで、業者選びの失敗を防げるようになるでしょう。

コンテンツ制作代行_336x280

Webコンテンツ制作代行会社の比較5選

Webのコンテンツ制作を代行している業者は数多くあります。今回はそのなかから、信頼性の高い代表的な5社を比較してみました。

CROCO株式会社

CROCO株式会社

  • 50万人のライターネットワークを持つ
  • 1文字1円での激安記事制作から医療・士業従事者による監修者つき記事まで対応可能
  • 記事コンテンツ以外にもホワイトペーパー作成・リライトまで守備範囲が広い

CROCO株式会社は、各種コンテンツの制作はもちろん、自然言語処理技術を駆使したキーワード分析をはじめ、Webマーケティングのプロによるサイト分析までを行う会社です。資格を持つ専門ライターや取材ライターなどを含む、50万人という大規模なライターネットワークを持つことが特徴です。

会社名 CROCO株式会社
URL https://cro-co.co.jp/
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-33-10 トーシンビル6階
制作対応コンテンツと費用感 コラム・ブログ:1記事30,000円〜
SNS用のコンテンツ:1記事:10,000円〜
商品・会社・店舗の紹介文:1記事5,000円〜
取材・インタビュー:1記事50,000円〜
ホワイトペーパー:1コンテンツ100,000円〜
実績 Sansan株式会社、KIRIN、凸版印刷 など

Buildup|株式会社IAMmedia

Buildup

  • SEO対策コンテンツ制作に特化!ご契約期間中は無料のSEOコンサルティング
  • 文字数関係なく記事単価は固定
  • 少数精鋭のチームにより柔軟かつ小回りのきいた対応

Buildupは、当サイトを運営する弊社が提供するコンテンツ制作代行サービスです。特にSEO対策用のコンテンツ制作に豊富な実績と強みがあり、さまざまな上位表示実績を持ちます。少数精鋭のチームで運営しており、どちらかというと中小企業様のクライアントが多く、「一緒に結果を出せるよう」伴走していける体制をご提供しています。また、ご契約期間中はSEOコンサルティングを無料(※)でご提供していますので、「SEOについてよくわからない」という会社様も安心です。(※実作業を伴うサポートは有償です)

会社名 株式会社IAMmedia
URL https://buildupp.net/content-production
住所 〒150-6090 東京都渋谷区恵比寿4-20-4 PORTAL POINT -ebisu-
制作対応コンテンツと費用感 コラム・ブログ:1記事50,000円〜
取材・インタビュー:1記事50,000円〜
ホワイトペーパー:200,000円〜
実績 株式会社ラクス、楽天株式会社、株式会社エイチーム引越し侍 など

株式会社ライトアップ

株式会社ライトアップ

  • 社内ディレクターと外部の専門家が連携し薬事や法律FPなど専門性の高いコンテンツに対応可
  • 流入キーワードの選定やサイト解析を踏まえた改善の提案
  • 「適職診断」や「性格診断」といった各種診断コンテンツの制作が得意

株式会社ライトアップは、Webコンテンツの企画・制作をはじめとして、メールマーケティング支援やSNS運用代行、Web制作までを行うコンテンツ制作会社です。一般的なSEO記事や取材コンテンツだけではなく、専門家による監修を受けた各種診断コンテンツの制作を得意としているのが最大の特徴です。

会社名 株式会社ライトアップ
URL https://www.biz4.jp/
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F
制作対応コンテンツと費用感 SEOライティング
取材コンテンツ制作代行
診断コンテンツ企画代行 ※費用については問い合わせ
実績 三井不動産レジデンシャルリース、楽天、AOKIホールディングス など

有限会社ノオト

有限会社ノオト

  • Webメディア・モバイルメディア・紙メディアなど目的に応じたコンテンツの企画・立案
  • 企画から取材、執筆、編集、運営まですべてに対応
  • 「人のハートを動かすようなコンテンツ」をつくることが目標

有限会社ノオトは、インターネット・メディアを中心としてコンテンツの企画・作成からオウンドメディアの運営までを手がける会社です。丁寧な取材やロケに基づくインタビュー記事制作を得意としています。コンテンツマーケティングと相性のいい、TwitterやInstagramなどSNSの運営代行も行っています。

会社名 有限会社ノオト
URL https://www.note.fm/
住所 〒141-0031 東京都品川区西五反田1-13-7マルキビル5F
制作対応コンテンツと費用感 インタビュー記事:企画から取材謝礼まですべて含め25万円
オウンドメディアに4000文字の記事を月10本公開:175万円
実績 NTTドコモ、リクルート、adidas Japan など

ナイル株式会社

ナイル株式会社

  • 読み応えのあるコンテンツで高いユーザー満足度を実現
  • 専門知識を持った経験豊富なライターが対応
  • 戦略的なコンテンツ設計により集客・CVの改善を実現

ナイル株式会社は、良質なコンテンツ制作を経験豊富なプロが全面的にサポートしてくれる会社です。コンテンツの品質に徹底的にこだわったうえで、SEOにも強いコンテンツ制作を支援します。SEO記事だけではなく、取材やインタビュー記事、漫画・動画コンテンツなど、対応分野が幅広いことも特徴です。

会社名 ナイル株式会社
URL https://www.seohacks.net/service/content-marketing-production/
住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル7F
制作対応コンテンツと費用感 SEOを意識したテキストの執筆・編集
取材やインタビュー記事の作成
マンガ・動画コンテンツの制作 ※費用については問い合わせ
実績 ライオン株式会社、アスノシステム株式会社、エレコム株式会社 など

Webコンテンツ制作代行会社に依頼するにあたっての注意点3つ

Webコンテンツ制作代行会社に依頼するにあたっての注意点3つ

Webコンテンツ制作会社代行にSEO記事などのコンテンツを依頼するときには、注意すべき点が3つあります。依頼する前に、あらかじめ注意点を確認しておきましょう。

委託する業務を明らかにしておく

自社ホームページのコンテンツ制作を業者に依頼するときには、委託する業務を明らかにしておくことが大切です。「コンテンツ制作」と一口にいっても、以下のような多くの工程があります。

  • 検索キーワードリサーチ
  • 記事構成作成
  • 図表の制作
  • 画像の取得や選定
  • CMSへの入稿

検索キーワードリサーチや構成の作成などは、専門知識とノウハウに基づいて行わなければ、結果として集客できるコンテンツに仕上がりません。対して画像の取得や選定、CMSへの入稿などは、予算が限られているなら自社で取り組むことも可能でしょう。

当然ながらコンテンツ制作を外注するときには、依頼する工数が多くなるほど費用は高くなります。どこまでを社内で対応し、どこから外部に委託するのかを明確にしておくようにしましょう。

コンテンツ制作ガイドラインを用意する

メディアとしての雰囲気に統一感を持たせるために、コンテンツ制作のガイドラインを用意しておきましょう。ガイドラインに沿った内容で記事の制作を依頼することで、複数の業者に発注する、途中で外注先を変更するといったケースでも、コンテンツ間のトンマナをそろえることが可能です

ガイドラインには、以下のような内容を記載します。

  • 文章表記ルール
  • リード文の構造
  • 各見出しの文字数
  • 引用ルール

こういったルールを明確にしておかないと、「イメージとは違うから修正してほしい」と伝えても対応してもらえません。

ただしコンテンツ制作を初めて外注する場合には、どういった内容にすればいいのかわからないこともあるでしょう。ガイドラインの制作についても、業者に手伝ってもらうのがおすすめです。

納品されたコンテンツの効果がわかるのは3ヶ月先

コンテンツ制作代行会社から納品された記事の効果がわかるのは、3ヶ月以上たってからです。業者に外注したからといって、望むような結果がすぐに出るわけではありません。

SEO目的のWebコンテンツであれば、検索エンジンに評価されて検索結果上位に表示されるようになるまでに、最短でも3ヶ月は必要です。コストを投じると早く結果を求めたくなりますが、こればかりはどれだけ優秀な業者に依頼しても同じです。

コンテンツ制作会社とは中長期の関係となることを前提に、信頼関係を強めていくようにしましょう。

Webコンテンツ制作代行会社の選び方

Webコンテンツ制作代行会社の選び方

Webコンテンツ制作代行会社は、この記事で紹介した5社以外にも数多くあります。ここでは長い付き合いとなる制作業者の選び方のポイントを、3つ紹介します。

相見積もりを取る

Webコンテンツ制作代行会社を選ぶときには、最低でも2〜3社から話を聞いて、相見積もりを取るようにしましょう

コンテンツの制作方法や方針は業者によってさまざまで、同じ3,000文字の記事であっても制作費はいろいろです。同条件のコンテンツで複数の会社から見積もりを取り、比較するのがおすすめです。

ただし費用面だけを重視して、「安いから」といった理由で選ぶことはおすすめできません。業者とは長い付き合いになることも考えて、対応のよさといった目に見えない点も考慮して選ぶようにしましょう。

はじめは複数業者と契約して比較する

コンテンツ制作を外注するときには、初めから1社と決めてしまうのではなく、3ヶ月ほどは2〜3社と契約して比較しましょう。

コンテンツの制作は、依頼する会社によって制作費がまちまちですが、上がってくるコンテンツ自体の質もバラバラです。安価な大量生産型コンテンツの質はどこも似たり寄ったりですが、高いコストを投じてコンテンツを発注したからといって、必ずしも期待したものが納品されるとは限りません。

コンテンツ制作代行会社の担当者との相性や、理解度の違いといったものも、成果物に大きく影響を与えます。そのため3ヶ月ほどは、「対応面」や「成果物」を見て複数の業者を比較したうえで、最終的に1社に絞る方法がおすすめです。

話を聞いただけで1社に決めて始めてしまうと、失敗したときに振り出しに戻ってしまいます。保険をかける意味でも、最初の数ヶ月は複数業者と契約するようにしましょう。

できれば定例ミーティングを開催してもらう

コンテンツ制作代行会社と契約をするときには、業者主導の定例ミーティングを開催してもらえないか相談してみましょう。

外注先に丸投げすると楽ですが、契約後のコミュニケーションが少ないとお互いに緊張感が生まれません。かといって自社がすべてを主導するなら、外注によるリソース削減のメリットが半減してしまいます。

外注先が率先して振り返りや効果検証といったコミュニケーションの場を設けてくれると、メディアの運営がスムーズに進みます。どれだけ熱量を持って取り組んでくれるかは、業者の善し悪しの判断ポイントにもなるでしょう。

まとめ

コンテンツ制作代行会社の比較と、外注する際の注意点、業者の選び方を解説してきました。まずは信頼できそうな会社数社と、同時契約して徐々に1社に絞っていくやり方がおすすめです。

SEO対策用のコンテンツにおいては、弊社も豊富な実績と自信を持っています。「SEO対策についてよくわからない!」という場合でも、コンテンツ制作をご依頼いただいている期間は、簡単なSEOコンサルティングは無料で対応させていただいております

ぜひお気軽にご相談ください

>>Buildup|コンテンツ制作代行のサービスページへ

コンテンツ制作代行_資料請求ページ

-SEO

コンテンツ制作代行サービス
コンテンツマーケティング運用を加速!
コンテンツ制作代行
コンテンツマーケティング運用

Copyright© Build up|コンテンツマーケティング担当者向けメディア , 2021 All Rights Reserved.