初心者がSEOライティングで最低限チェックすべき6項目

SEOライティングの具体的な方法

WEBサイトを管理するにあたり、「良質なコンテンツこそが命」と言われていることはもうご存知のはずです。

その「コンテンツ」とされるものの中で、「文章(テキスト)」の占めるウエイトは大きなものですね。
この文章がSEOライティングの基本的なルールを踏まえているかどうかで、検索結果や読み手の満足を大きく左右します。

では、このSEOライティングの基本的ルールにはどのようなものがあるのでしょうか。これからSEOライティングを学びたいという方、既にサイトを持っていてこれから手を入れなくてはならない方にも必見の「SEOライティング」の考え方についてお話します。

1.適切なSEOライティングの技術を身につけなければならない「ワケ」

これには二つの理由があります。それぞれの理由を見てみましょう。

1-1.検索サイトで上位に表示されるための下準備

特定のキーワードでユーザーが検索をしたときに、きちんと上位に上がっていなければその記事(サイト)はずっと人目に触れないままです。

以前

今日から始められるSEO対策|検索順位を上げる為の方法15

WEBライティング―「検索結果」「読み手の納得」2つを満たすには

でもご説明した通り、Googleは「読み手のために有益な記事かどうか」を判断しています。

このため、検索されるであろう適切なキーワードを選定しながら、それを上手に本文に組み込むことでヒットしやすい環境を作らなくてはなりません。

1-2.読み手が「これは!」と思う文章に仕立てる

また、ライティング技術は読み手のためにもとても大切です。

仮に検索サイトの上位に表示されるようになっても、人の読み方は様々です。どんな人にもすんなりと読み続けてもらい、理解してもらえる文章の組み立てとなっていなければならないのです。本文中に、検索したキーワードが現れないと、「自分の求めていた情報ではないのだろうか」と不安になり離脱してしまうかもしれません。

また、話題が逸脱して、望むキーワードから離れていくことも避けなくてはなりません。読み手が満足してくれたのなら、いいね!やシェアなどを得て、検索結果へプラスに働いてくれるかもしれません。

「読み手を満足させることこそがSEOライティングの基本」と言われる意味を再確認しておきましょう。

2.「WEBサイト」の特性から見るSEOライティング

検索サイトを利用した時、多くはトップページでは無く、そのテーマを反映した記事ページにたどり着きます。そのため、1ページごとに充実したコンテンツを準備しておく必要があります。

まずは見やすさが大切です。特にそのページを見る際に利用しているモニタのサイズによっては、一部が切れて見えたりすることでストレスを感じ、読者はそのページを離れてしまうこともあるでしょう。

冗長なページにしてしまうことは避けましょう。これをクリアするために今現在重宝されているのが、文章の構成ですっきりとさせる方法です。

  1. タイトル
    検索しているキーワードを含め、興味をひき、魅力的なものになっているか
  2. リード文
    本文をコンパクトにまとめた文章。キーワードを含めつつ、興味をさらにかきたてるもの。読者は、本文を読むかどうかをこのリード文あたりで大体決めている
  3. 見出し
    h1・h2・h3などのタグを用い、段落ごとに目立たせるポイントを置く。読み手の思考の流れに沿う自然な順番となるように注意
  4. キーワードの表現法
    単語には”表記ゆれ”がままある。類似語なども混ぜておくことで、後に思い出してもらった時に検索しやすくなる
  5. 一つの記事は一つのテーマの取り扱いになっているか
    キーワード対策・読み手も話題の広がりに疲れるとページに飽きて離脱を始める

まずは、スクロールせずに見ることができる範囲内(ファーストビュー)で興味・関心を抱くことができれば、読み続けてもらえることでしょう。このため、特に「タイトル」と「リード文」が重要視されます。

この部分は、検索サイトでの検索結果で見たことがあるはずの「タイトルとリード文セットでの表示」につながることもありますので、タイトルとリード文は最上級の注意をもって臨みましょう。

3.検索サイト側から見たSEOライティング

上記のチェック項目に追加して、以下が「検索サイト側からみたSEOライティング」の大切なポイントです。

  1. タイトルやリード文内でできるだけ前方に重要なキーワードを配置する
    検索サイトのアルゴリズム対策と同時に、読み手にも意味ある記事と認識してもらえる
  2. 本文内にも専門用語を適宜含める
    より専門的で高度な記事と判断してもらえる可能性も
  3. タイトルの文字数
    検索結果への表示に影響を与えない28~32文字までが適当とされる
  4. 内部リンクにも注意
    リンク先がどんな記事なのかを明記したテキストリンクにする
  5. (※再度)キーワードの表現法
    単語には”表記ゆれ”がある。類似語を混ぜておくことで、ヒットしやすくなる。
    例;「SEO」「検索上位表示」「検索エンジン最適化」

特に「専門用語」「キーワードの表現法」には注意が必要です。専門性の高い(≒特定の業種の人の検索する)記事は、同じものをさしても呼称が複数存在することがあります。正式名称で検索する人もいるでしょうし、略称で検索する人もいるでしょう。

これらをカバーするために、あえて「表記ゆれ」(≒類似呼称)を本文内に入れておくことも検索サイト側から見たSEOライティングには大切な場合もあります。

専門知識の必要な記事をライティングするケースでは、それら類似呼称のリストを作っておくことをお勧めします。

4.「読み手目線」でのライティングを心掛ける

読みがいという意味での「情報量」と「文字数」とは必ずしも一致しません。それでなくても多忙な毎日の中で、「さくっと検索、さくっと読める」ことを重視している読み手も多いのが現状です。

このため、読み手側からみたライティングについては以下のチェック項目が付け加えられます。

  1. 簡潔に、しかも読み応えのある文章か
    結論に至るまでの間に無駄な紆余曲折が無く、簡潔に”考えさせる”文章になっているかどうか
  2. 新たな気づきをもたらす文章であるかどうか
    類似サイトでは取り上げられない視点を用意できているかどうか
  3. 大事なポイントは箇条書きに
    説明はともかく大事なポイントは何か、という読み手の急場にも対応できているか

これらの点はもちろん読み手のために行うべき配慮でもありますが、検索サイト対策ともなります。

他サイトを出し抜いて、「これは読みやすい・ためになる」という反応を得られれば、その読者はリピーターとなってくれ、他の記事も読んでくれるようになるでしょう。ブックマークやシェアなどにより、ナチュラルなリンクへもつながる可能性もあります。

ごくごく一般的なシーンの中で「これはいや!」というものに「結婚式のスピーチ」があるかもしれません。祝福の気持ちから気の利いた話をしようとするがあまり、長々と時間を取り、最終的には何が言いたかったのかが伝わりにくい話になっていることも多くあります。

このような回りくどい伝え方になっていないかを、常に自らウォッチしておくことも大切です。Webで検索するときは「今すぐ知りたい時」。簡潔に、解りやすく、しかも為になる記事を読み手は探しているのです。

5.読み手の考えの邪魔をしないライティング

SEOを意識したライティングは、検索結果の上位表示を果たしつつ、「結果(シェア行動・問い合わせ・資料請求・商品購入)」を設定した上で行う事もあるでしょう。目指すべき結果を急ぐあまりに、適切な情報こそ盛り込んであるものの読み手の思考の邪魔をする強引な文章になっていないでしょうか。

適切なキーワード設定、適切な情報量というSEOで大切な面を満たしていながらもそれらの結果を得られない場合、読み手の思考をうまく調節できていないことが考えられます。文章の構成は、「起承転結」がベストとされていますが、その流れに沿っているでしょうか。※もちろん、起承転結の流れが文章の完全な回答(形式)ではありません。

ですが、小中学校で学んだ文章の書き方はこの起承転結が基本であることから、これこそが自然な流れと理解している人が多くいるのも現状です。

ある問題を抱えた検索サイトユーザーの目に留まったページに、

  • 起:
    問題提起(お悩みに寄り添う姿勢)
  • 承:
    問題点の拡大・解説(お悩みの具体的な点に着目させる)
  • 転:
    これまでとは異なる考え方の投入(抱えている問題への解決策の提示)
  • 結:
    「転」で提示された問題解決策を受け入れるかどうかを促す(資料請求や購入などのアクションへつなげる)

という一連の流れが存在すると、読み手の意識に入り込みやすくなると言われています。キーワードも文章量も適切であると思えても、うまく結果に結びつかない場合、この「起承転結」に則った文章構成であるかどうかを読み直してみましょう。

読み手の満足を引き出すことは、SEOの観点からも重要です。その記事自体の完成度を更にあげるため、過去の記事であっても定期的にブラッシュアップすることが大切です。

6.公開前に文章全体の構造を見直す

先の起承転結とはまた異なった側面として「構造」があります。

  • 「タイトル」
  • 「要約文」
  • 「見出し【大】」
  • 「見出し【中】」
  • 「見出し【小】」
  • そして「段落」

―という「目にも見やすい」作りになっているかどうかのチェックです。

これは、「2.「WEBサイト」の特性から見るSEOライティング」の項とも重複しますが、このポイントを踏まえれば、SEO対策を施しながら、見た目にもさっぱりとしたページ作りが可能です。

起承転結を意識した文章に、これらの見出しを適切に設ける事で、読み手も自分がたどった思考の流れを確認しながら読み進めることができます。

何度か読み返すうちに、結果へと導かれた思考ルートを失念することもなくなります。言い換えれば「喜んで納得してくれる」見せ方ができるのです。

公開直前には、文章そのものと同時に、見出しの付け方も再チェックをするよう心がけてください。小説家や新聞記者は、原稿を自分の手元から離す直前まで何度も推敲を行います。そして、編集者の手で、再度文章のチェックを行います。

紙媒体と異なり、Webは文章の差し替えが容易であることから、この推敲の手順が軽視されていると嘆く文筆家もいるほどです。念には念を入れて、確認を行うべきです。

公開された瞬間にサイト訪問者に与える「負のファーストインプレッション」はなかなかぬぐえないもの。

  • キーワードは適切か
  • 文章はシンプルに的確にまとまっているか
  • 見出しは必要に応じ設けられているか

を何度もチェックしましょう。

せっかく訪れてくれた読み手の期待を裏切らない完成度をもって、公開日を迎えたいものです。

「Content is King」の正しい理解がSEOライティングの必須条件

Googleは「良質のコンテンツを作ることに注力するように」と勧めています。それを裏付けるかのように、検索サイトユーザーはよりよい情報を求めてネットサーフに時間を割きます。読み手はサーフする際に複数のページを見比べ、品定めしているのです。

そして、そのお眼鏡にかなった記事は、各種SNSでブックマークやシェアという返礼を受けることになります。これこそが「Content is King」の意味です。

ですが、やはり人目に触れる位置になければこれらの返礼を受けることはありません。まず一度は、検索結果の上位に表れる工夫が必要なのです。そのためにSEOを意識した良質な文章のライティングが求められています。

SEOを意識しすぎるがあまりにくどすぎる文章になっていたり、無駄に多すぎるキーワードのために読みづらく重みづけをされないコンテンツになっていては大変です。何事にもバランスが求められます。こざっぱりとした、解りやすい文章になっていますか?

書いた記事は書きっぱなしではなく、振り返り、手を入れることを面倒がらずに行うことも大切です。掲載情報は常にフレッシュな状態に保つこともとても重要な点です。

上記のチェックポイントは、「検索サイト側からみたもの」「読み手の側から見たもの」などいくつかの側面に分類してありますが、エクセルなどにひとまとめにして手元に置いておくのも良いかもしれません。

是非、日々の業務の中でのチェックリストとして活用してください。

また、弊社ではSEOに強い記事のライティングサービスも行っております。社内でSEOライティング出来ないといった場合にご利用ください。

動画でご覧になりたい方は、こちらで確認お願いします。